メミルグクス(そば/메밀국수)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

メミルグクス메밀국수)は、そば。メミル(메밀)はそば。グクス(=ククス、국수)は麺。日本統治時代に伝えられ、韓国で定着した日本料理のそばを指す。モミルグクス(모밀국수)、あるいは日本語をそのまま流用してソバ(소바)とも呼ぶ。日本でいう、ざるそばやもりそばを指すことが多いが、かけそば、冷やかけそばを指すこともある。日本のそばとよく似るが、コリアナイズされている部分も多く、麺にでんぷんを加えることでネンミョン(冷麺/냉면)にも似たつるんと弾力のある食感になっていたり、鰹節ではなく煮干しを用いたつゆは甘さがかなり強めになっていたりする。老舗店が家庭用の麺やつゆが市販されているおり、家庭料理として作られるほか、専門店、食堂、粉食店などでも提供される。1950年代に創業をした老舗店も少なからずある。類似料理としては、同じくそば粉を用いた麺料理として、ネンミョン(冷麺/냉면)マッククス(冷やしそば/막국수)メミルカルグクス(平打ちの温そば/메밀칼국수)などがある。夏場にはメミルグクスの麺を、コングクス(豆乳麺/콩국수)に入れて提供する店もある。

  • 郷土料理のソバ
慶尚南道宜寧郡や、全羅北道全州市には、ソバ(소바)という料理名の郷土料理がある。前者は宜寧ソバ(ウィリョンソバ、의령소바)と呼ばれ、煮干しダシの温かなつゆにでんぷんを加えた麺と、チャンジョリム(牛肉の醤油煮/장조림)、ホウレンソウ、キャベツ、緑豆モヤシといった具が載る。後者は全州ソバ(チョンジュソバ、전주소바)と呼ばれ、煮干しダシの冷たいつゆを、冷やしたそば麺にかけて食べる料理である。
  • エピソード
韓国のそば事情や郷土料理のそばについては、韓食ペディアの執筆者である八田靖史の著書『食の日韓論 ボクらは同じものを食べている』(三五館)の、第3章「韓国で郷土料理化した日本食は歴史遺産か?」にも詳しい[1]

脚注

  1. 八田靖史, 2016, 『食の日韓論 ボクらは同じものを食べている』, 三五館, P90-101

外部リンク

制作者関連サイト

関連項目