トックッ(韓国式の雑煮/떡국)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

トックッ떡국)は、韓国式の雑煮。トッ()は餅、クッ()は汁、またはスープの意。古くはピョンタン(餅湯、병탕)とも呼ばれた。主に牛の肩バラ肉(양지머리)を煮込んでスープを作り、カレトク(가래떡)、またはヒントク(흰떡)と呼ばれるうるち米で作った細長い棒状の餅を、小判型に薄く切って入れる。なお、細長い形は長寿を、小判型は富裕を意味する。味付けは醤油、塩で整え、みじん切りニンニクなどを加える。そのほか溶き卵、刻み海苔、刻みネギを加えたり、炒めた牛肉や、またはサンジョク(牛肉や野菜の串焼き、산적)を載せることもある。また、具としてマンドゥ(餃子/만두)を加えたものは、トッマンドゥクッ(餅入り餃子スープ/떡만두국)と呼ぶ。日本の雑煮と同様、韓国でも正月料理として欠かせない一品であるが、正月にのみ食べられるという訳ではなく、食堂や粉食店では1年を通してメニューに載せられている。類似の料理としては、雪だるま型の餅を使うチョレンイトックッ(開城式の雑煮/조랭이떡국)がある。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目