コンガルパン(中国式の大きなパン/공갈빵)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

コンガルパン공갈빵)は、中国式の大きなパン。コンガル(과일)は嘘、パン()はパンや焼き菓子を意味する。小麦粉の生地を薄く伸ばし、オーブンなどで焼くことによって中が空洞なパンが焼きあがる。人の顔ほどもある大きなパンになるが、中が空洞であるため、これを嘘のパンという意味でコンガルパンと呼んでいる。生地はパリッと食感がよく、砂糖を加えているためほんのりと甘い。もともとは中国から伝えられたもので、韓国最大の中華街がある仁川市の名物としても知られる。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目