カンチャジャン(とろみ抜きジャージャー麺/간짜장)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

カンチャジャン간짜장)は、とろみ抜きジャージャー麺。カンは「乾(コン、건)」の字が転化したもの[1]、チャジャン(炸醤、짜장)は炒め味噌を指し、水気を加えないで炒めることを意味する。チャジャンミョン(韓国式ジャージャー麺/짜장면)の一種であり、カンチャジャンミョン(간짜장면)とも呼ぶ。韓国語では「간자장」とも表記する。豚肉、タマネギなどを、チュンジャン(春醤、춘장)という黒味噌とともに炒めてチャジャンを作るが、このとき一般的なチャジャンミョンが水溶き片栗粉でとろみをつけるのに対し、カンチャジャンではそれを用いないとの違いがある。また、茹でた麺とチャジャンは別の器に盛り付けられることが多い。主に中華料理店で食べられるほか、粉食店やフードコートでも提供される。釜山市を中心とする南部地域では、カンチャジャンに目玉焼きを載せることも多い。

脚注

  1. '간자장'에서 '간'의 어원 、国立国語院ウェブサイト、2017年11月6日閲覧

外部リンク

制作者関連サイト

関連項目