エジョタン(子豚の丸ごと鍋/애저탕)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

エジョタン애저탕)は、子豚の丸ごと鍋。エ(애)は子ども。チョ(저)は漢字で「猪」と書いて豚。タン()は鍋料理の意。生後間もない子豚を丸ごと鍋に仕立てた料理を指す。食が豊かでなかった時代に、豚を飼育していた農家で、死んでしまった子豚を調理して食べたのが始まりとされる。光州市の料理や、全羅北道の料理鎮安郡の料理の郷土料理として知られる。現地の専門店で味わえる料理だが、近年は専門店も数が減って希少な料理となっている。類似の料理としては、子豚を蒸し煮にした、エジョチム(子豚の丸ごと蒸し/애저찜)がある。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目