アンチャンサル(牛ハラミの焼肉/안창살)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

アンチャンサル안창살)は、牛ハラミの焼肉。アンチャンサルは、牛の横隔膜を指し、日本での部位分けとしては牛ハラミに相当する。牛肉の部位名であり、それを焼いた料理名でもある。語源には諸説あり、靴の中敷き(アンチャン、안창)に似ていることから名付けられたとされるものや、内側(アン、안)の窓(チャン、창)という意味でカーテンのひだに似ていることから名付けられた、といったものがある。ひと口大に切ったアンチャンサルを鉄板、または網などで焼き、サンチュ(상추)やエゴマの葉などで包んで食べる。ゴマ油と粗塩を混ぜたキルムジャン(기름장)というタレにつけてもよい。また、甘い醤油ダレに漬け込んで味付けをしたものを焼くこともある。牛焼肉の部位としては定番のひとつであり、カルビグイ(牛カルビ焼き/갈비구이)カルビサル(骨なしの牛カルビ焼き/갈비살)トゥンシム(牛ロースの焼肉/등심)チャドルバギ(薄切り牛バラ肉の焼肉/차돌박이)などともに、牛焼肉店のメニューに並ぶことが多い。豚のハラミはカルメギサル(豚ハラミの焼肉/갈매기살)と呼ぶ。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目