「マッククス(冷やしそば/막국수)」の版間の差分

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
1行目: 1行目:
 
{{Notice}}
 
{{Notice}}
 
+
[[ファイル:17032804.JPG|400px|thumb|マッククス]]
 
'''マッククス'''([[막국수]])は、冷やしそば。マッククスの語源には諸説あるが、マッ(막)は「たった今」、ククス([[국수]])は麺を表し、作り立ての麺をすぐに茹でて調理することから名付けられたとされる。また、マッ(막)には「むやみに」という意味もあり、適当にあるもので作って食べたとの解釈もなされる。韓国語ではソバをメミル([[메밀]])と呼ぶことから、メミルマッククス([[메밀막국수]])とも称する。牛スープやキムチの汁、またはそれらを混ぜ合わせたものをスープとし、そば麺を入れて味わう。具には薄切りにした大根キムチやキュウリ、サンチュ([[상추]])などの生野菜、茹でた牛肉の薄切りなどが載る。食べるときには、酢、カラシを好みで加えてもよい。かつては家庭で手軽に作ったが、現在は専門店も増え、高級化が進んだために[[ネンミョン(冷麺/냉면)]]との区別がほとんどなくなってもいる。類似の料理には、スープを用いず辛い薬味ダレを麺と和えて食べるピビムマッククス(混ぜ冷やしそば、[[비빔막국수]])や、大皿に盛り付けた[[チェンバングクス(大皿盛りの和え麺/쟁반국수)]]がある。[[江原道の料理|江原道]]の郷土料理としても有名。
 
'''マッククス'''([[막국수]])は、冷やしそば。マッククスの語源には諸説あるが、マッ(막)は「たった今」、ククス([[국수]])は麺を表し、作り立ての麺をすぐに茹でて調理することから名付けられたとされる。また、マッ(막)には「むやみに」という意味もあり、適当にあるもので作って食べたとの解釈もなされる。韓国語ではソバをメミル([[메밀]])と呼ぶことから、メミルマッククス([[메밀막국수]])とも称する。牛スープやキムチの汁、またはそれらを混ぜ合わせたものをスープとし、そば麺を入れて味わう。具には薄切りにした大根キムチやキュウリ、サンチュ([[상추]])などの生野菜、茹でた牛肉の薄切りなどが載る。食べるときには、酢、カラシを好みで加えてもよい。かつては家庭で手軽に作ったが、現在は専門店も増え、高級化が進んだために[[ネンミョン(冷麺/냉면)]]との区別がほとんどなくなってもいる。類似の料理には、スープを用いず辛い薬味ダレを麺と和えて食べるピビムマッククス(混ぜ冷やしそば、[[비빔막국수]])や、大皿に盛り付けた[[チェンバングクス(大皿盛りの和え麺/쟁반국수)]]がある。[[江原道の料理|江原道]]の郷土料理としても有名。
  
10行目: 10行目:
 
*[http://kansyoku-life.com/ 韓食生活](韓食ペディアの執筆者である八田靖史の公式サイト)
 
*[http://kansyoku-life.com/ 韓食生活](韓食ペディアの執筆者である八田靖史の公式サイト)
 
*[http://www.kansyoku-life.com/profile 八田靖史プロフィール](八田靖史のプロフィール)
 
*[http://www.kansyoku-life.com/profile 八田靖史プロフィール](八田靖史のプロフィール)
*[https://itunes.apple.com/us/app/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E8%AA%9E%E9%A3%9F%E3%81%AE%E5%A4%A7%E8%BE%9E%E5%85%B8/id1220010846?l=ja&ls=1&mt=8 韓国語食の大辞典アプリ版](八田靖史制作の韓国料理専門辞典)
 
  
 
== 関連項目 ==
 
== 関連項目 ==

2022年3月27日 (日) 03:30時点における最新版

この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。
マッククス

マッククス막국수)は、冷やしそば。マッククスの語源には諸説あるが、マッ(막)は「たった今」、ククス(국수)は麺を表し、作り立ての麺をすぐに茹でて調理することから名付けられたとされる。また、マッ(막)には「むやみに」という意味もあり、適当にあるもので作って食べたとの解釈もなされる。韓国語ではソバをメミル(메밀)と呼ぶことから、メミルマッククス(메밀막국수)とも称する。牛スープやキムチの汁、またはそれらを混ぜ合わせたものをスープとし、そば麺を入れて味わう。具には薄切りにした大根キムチやキュウリ、サンチュ(상추)などの生野菜、茹でた牛肉の薄切りなどが載る。食べるときには、酢、カラシを好みで加えてもよい。かつては家庭で手軽に作ったが、現在は専門店も増え、高級化が進んだためにネンミョン(冷麺/냉면)との区別がほとんどなくなってもいる。類似の料理には、スープを用いず辛い薬味ダレを麺と和えて食べるピビムマッククス(混ぜ冷やしそば、비빔막국수)や、大皿に盛り付けたチェンバングクス(大皿盛りの和え麺/쟁반국수)がある。江原道の郷土料理としても有名。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目