ヨンニプパプ(蓮の葉包みごはん/연잎밥)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

ヨンニプパプ연잎밥)は、蓮の葉包みごはん。ヨンニプ(연잎)は蓮の葉。パプ()はごはんの意。もち米、うるち米、雑穀、豆、レンコンなどを混ぜて炊いたおこわを、蓮の葉に包んで蒸して作る。あるいは生米の状態から蓮の葉に包んで蒸してもよい。蓮の葉で包むことによって、たいへん香りの華やかな仕上がりになる。もともとは精進料理のひとつであり、寺において作られるほか、精進料理店、韓定食店などのメニューにも並ぶ。かつて百済の都として栄えた忠清南道扶余郡では、仏教国のイメージから蓮の葉を用いたヨンニプパプが郷土料理として定着している。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目