コムジャンオグイ(ヌタウナギ焼き/곰장어구이)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

コムジャンオグイ곰장어구이)は、ヌタウナギ焼き。コムジャンオ(곰장어)はヌタウナギ、グイ(구이)は焼き物を指す。韓国語ではヌタウナギを「꼼장어」「먹장어」と表記することもある。皮をむいてぶつ切りにしたヌタウナギを網や鉄板でソグムグイ(塩焼き、소금구이)、またはヤンニョムグイ(薬味ダレ焼き、양념구이)にして食べる。ヤンニョムグイの場合はタマネギ、ニンジンなどの野菜と一緒に炒め焼くことも多い。主に専門店で食べる料理であるが、酒類を販売する屋台料理としても扱われる。釜山市の郷土料理として知られ、市街地の南浦洞(ナムポドン、남포동)や温泉場(オンチョンジャン、온천장)地区に専門店が集まる。また釜山市郊外の機張郡は古くからヌタウナギの産地であり、藁火で焼くチップルコムジャンオ(ヌタウナギの藁焼き、짚불곰장어の本場としても知られる。

  • コプチルムク
専門店ではヌタウナギの皮を用いて、コプチルムク(皮の煮凝り、껍질묵)を作る。コプチル(껍질)は皮、ムク()は寒天状に固めた食品を指す。専門店では副菜のひとつとして提供される。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目