オゴッパプ(五穀飯/오곡밥)

提供: 韓食ペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

オゴッパプ오곡밥)は、五穀飯。オゴッ(오곡)は五穀、パプ()は飯の意。五穀は米、アズキ、粟、キビ、豆などが一般的だが、特に決められたものではなく、5種類の穀物という意味でもち米、大麦など他の穀物も用いられる。正月を過ぎて最初の満月であるテボルム(陰暦1月15日、대보름)の日に食べる習慣があり、主に家庭料理として作られる。雑穀ごはんはチャプコッパプ(雑穀飯、잡곡밥)と呼び、オゴッパプもその中に含まれる。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目