コプチャンジョンゴル(牛ホルモン鍋/곱창전골)

この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

コプチャンジョンゴル곱창전골)は、牛ホルモン鍋。コプチャン(곱창)は小腸、ジョンゴル(전골)は野菜、肉などを彩りよく並べ少量の煮汁で煮ながら食べる鍋料理のこと。コプチャンを中心とした牛の内臓に白菜、タマネギ、長ネギ、春菊などの野菜、キノコなどを加え、唐辛子、コチュジャン、醤油などを混ぜ合わせた薬味ダレで煮る。主に専門店で食べられる料理である。牛の小腸を用いた料理としては、ほかに鉄板焼きにしたコプチャングイ(牛ホルモン焼き/곱창구이)や、牛のミノ(第一胃)と小腸を一緒に焼くヤンゴプチャン(ホルモンの薬味ダレ焼き/양곱창)などがある。豚の小腸を使用してコプチャンジョンゴルを作ることもあり、これをテジコプチャンジョンゴル(돼지곱창전골)とも呼ぶ。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目