イェンナルトシラク(昔風弁当/옛날도시락)

この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

イェンナルトシラク옛날도시락)は、昔風弁当。イェンナル(옛날)は昔。トシラク(도시락)は弁当の意。ステンレスの弁当箱に、ごはん、炒めたキムチ、焼いたソーセージ(またはソーセージのチヂミ)、目玉焼きなどを入れたものを指す。1960~70年代の一般的な弁当を再現したもので、ノルタルジックな気分に浸れる料理として2000年代以降に人気が再燃した。主にその時代をコンセプトとした居酒屋、あるいはレトロな雰囲気の焼肉店などで提供される。そのまま食べてもよいが、フタが外れないようしっかり持ったうえで弁当箱ごと大胆にシェイクし、全体をピビムパプ(ビビンバ/비빔밥)のように混ぜて食べるのも定番である。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目