鎮川郡の料理

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

鎮川郡(チンチョングン、진천군)は忠清北道に位置する地域。本ページでは鎮川郡の料理、特産品について解説する。

地域概要

鎮川郡は忠清北道の北西部に位置し、北部は京畿道安城市忠清北道陰城郡、東部は忠清北道曽坪郡、南部は忠清北道清州市、西部は忠清南道天安市と接する。人口は7万5848人(2018年6月)[1]。北部、西部、南部には標高4~600m前後の山々が連なって車嶺山脈の一角を成し、これが京畿道忠清南道との境界になっている。郡の中央部から東部にかけては錦江(クムガン、금강)の上流域に当たる美湖川(ミホチョン、미호천)が流れ、その周辺は平野が広がって穀倉地帯となっている。代表的な観光地としては、韓国の鐘文化について学べる鎮川鐘博物館(チンチョンチョンパンムルグァン、진천종박물관)、高麗時代の寺社跡を1996年に再建した宝塔寺(ポダプサ、보답사)、新羅時代の功臣であるキム・ユシン将軍の生誕地などがある。ソウルから鎮川郡までは、東ソウル総合ターミナル、ソウル南部ターミナルから鎮川総合バスターミナルまで高速バスで約1時間40~50分の距離。隣接する忠清北道清州市の清州国際空港からは車で約30分の距離。

  • 生居鎮川
生居鎮川(センゴチンチョン、생거진천)とは、生きているうちに住むなら鎮川がよいという意味の四字熟語である。鎮川郡ではこれをキャッチフレーズとして利用しており、名産品である米を生居鎮川米と命名してブランド化したり、鎮川在来市場を生居鎮川伝統市場の改名するなど、随所でアピールをしている。なお、この生居鎮川には「死居龍仁(サゴヨンイン、사거용인)」という続きがあり、死後は京畿道龍仁市に眠るのがよいとの意味である。

食文化の背景

代表的な料理

  • ユンミョン(牛肉麺/육면)
  • ファランパプサン(花郎村の韓定食/화랑밥상)

代表的な特産品

代表的な酒類・飲料

  • トクサンマッコルリ(徳山マッコリ/덕산막걸리)徳山面龍夢里

飲食店情報

以下は韓食ペディアの執筆者である八田靖史が実際に訪れた店を列挙している。

  • 韓川マダン(한천마당)
住所:忠清北道鎮川郡徳山面徳金路784(韓川里106)
住所:충청북도 진천군 덕산면 덕금로 784(한천리 106)
電話:043-536-5000
料理:韓定食、焼肉

エピソード

韓食ペディアの執筆者である八田靖史は2009年6月に初めて鎮川郡を訪れた。ドキュメンタリー『SBSスペシャル』マッコリ編の出演者として、徳山マッコリを造る世王酒造(세왕주조)を訪問した。田んぼの中の東屋で地元の方とともに、ほんのりピンク色がかった黒米入りのマッコリを飲んだときの気分は、この上なく格別であり、いまも強い印象として残っている。

脚注

  1. 주민등록 인구 및 세대현황 、行政安全部ウェブサイト、2018年7月24日閲覧

外部リンク

関連サイト
制作者関連サイト

関連項目