康津郡の料理

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

康津郡(カンジングン、강진군)は全羅南道の南部に位置する地域。本ページでは康津郡の料理、特産品について解説する。

地域概要

康津郡は全羅南道の南部に位置する地域。郡の東部は全羅南道長興郡と接し、南部には南海岸に面して島嶼地域の莞島郡が広がる。南西部は海南郡、北西部は霊岩郡とそれぞれ接する。人口は3万5755人(2019年4月)[1]。郡の中央部から南部にかけては康津湾(カンジンマン、강진만)が深く入り込んでおり、郡全体が逆U字のような形状となっている。郡の北部は丘陵地であり、西部から中央部へは耽津江(タムジンガン、탐진강)が流れて康津湾へと注ぐ。代表的な観光地としては、高麗時代に青磁の生産地として栄えた歴史を伝える高麗青磁博物館(コリョチョンジャパンムルグァン、고려청자박물관)、康津湾の中央に浮かび散策路で結ばれている駕牛島(カウド、가우도)、朝鮮時代に全羅道地域の陸軍を総括した康津全羅兵営城(カンジンチョルラピョンヨンソン、강진전라병영성)などがある。ソウル市から康津郡までのアクセスは、ソウル高速バスターミナルから康津市外バスターミナルまで約5時間の距離。近隣の主要都市である光州市の光州総合バスターミナル(U Square)からは康津市外バスターミナルまでは約1時間20分、全羅南道木浦市の木浦総合バスターミナルからは約50分の距離である。

  • 観光への取り組み
近年は観光客の誘致に力を入れており、2017年を康津訪問の年としたのに続き、2019年は文化体育観光部(日本の省に相当)より「今年の観光都市」に指定された。

食文化の背景

南部は南海岸でとれた新鮮な魚介が水揚げされる。南東部に位置する馬良港(マリャンハン、마량항)が漁港として有名であり、センソンフェ(刺身/생선회)や、精のつく魚介を盛り込んだフェチュンタン(回春鍋、회춘탕)を味わえる。康津湾では干満差によって広大な干潟が現れ、アサリなどの貝類やムツゴロウがとれる。北部の平野部では農業も盛んであり、これら豊富な食材を利用したハンジョンシク(韓定食/한정식)は地域を代表する名物である。

代表的な料理

  • テジプルコギ(豚肉の網焼き/돼지불고기)兵営面
  • センソンフェ(刺身/생선회)馬良面
  • チャンオグイ(ウナギ焼き/장어구이)
  • ハンジョンシク(韓定食/한정식)
  • フェチュンタン(回春鍋/회춘탕)

代表的な特産品

代表的な酒類・飲料

飲食店情報

エピソード

韓食ペディアの執筆者である八田靖史は2016年1月に初めて康津郡を訪れた。かつて日本で韓国料理店を営んでいたご夫妻が、奥様の故郷である康津郡に移り住んだのがきっかけで、それ以降もちょくちょく訪れている。ご自宅に泊めていただくとともに、奥様の作る家庭料理がたいへん美味しく、その居心地のよさから八田靖史は韓国の「実家」と呼んでいる。

脚注

  1. 주민등록 인구 및 세대현황 、行政安全部ウェブサイト、2019年5月5日閲覧

外部リンク

関連サイト
制作者関連サイト

関連項目