ヤンゴプチャン(ホルモンの薬味ダレ焼き/양곱창)

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

ヤンゴプチャン양곱창)は、ホルモンの薬味ダレ焼き。ヤン()は牛の第1胃(ミノ)。ゴプチャン(=コプチャン、곱창)は牛の小腸を指す。下処理をした牛の第1胃と小腸を薬味ダレに絡め、鉄板、または網で焼いた料理を指す。ヨムトン(心臓、염통)、テチャン(大腸、대창)などを一緒に焼く場合もあり、大腸をメインにしてヤンデチャン(양대창)と呼ぶこともある。あるいは牛の小腸をメインとした焼肉は、コプチャングイ(牛ホルモン焼き/곱창구이)とも呼ぶ。焼けた肉はゴマ油と粗塩を混ぜたキルムジャン(기름장)というタレにつけて味わうほか、醤油ダレ、味噌ダレにつけて食べることも多い。サンチュ(상추)やエゴマの葉などで包んで食べてもよい。牛焼肉店、ホルモン焼き店のメニューに並ぶほか、専門店も数多い。釜山市の郷土料理としても親しまれており、中区南浦洞(チュング ナムポドン、중구 남포동)、水営区広安洞(スヨング クァンアンドン、수영구 광안동)にはヤンゴプチャンの専門店が集まる。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目