メウンタン(魚入りの辛い鍋/매운탕)

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

メウンタン매운탕)は、魚入りの辛い鍋。メウン(매운)は辛いという意味の動詞「メプタ(맵다)」の連体形、タン()は鍋、スープ料理の総称。直訳すると「辛い鍋」という意味になる。主に白身の魚を用いて作られる料理で、ぶつ切りにした魚のほかに、大根、春菊、セリ、豆腐などの食材を加える。味付けは、塩、醤油、粉唐辛子、ニンニク、コチュジャンなどを用いて辛く仕上げる。韓国では刺身を食べる際、魚を丸ごと1尾注文することが多く、飲食店では残ったあらを利用してメウンタンを作ることも多い。刺身店、海鮮料理店、日式料理などで食べられるほか、市場に併設された食堂などでも扱う。内陸部では川魚を利用することも多く、その場合はミンムルコギメウンタン(淡水魚の辛い鍋/민물고기매운탕)と呼ぶ。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目