ホバッチュク(カボチャ粥/호박죽)

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

ホバッチュク호박죽)は、カボチャ粥。ホバッ(=ホバク、호박)はカボチャ(熟したもの)。チュク()は粥。タノバッチュク(단호박죽)とも呼ぶ。茹でたカボチャをミキサーにかけてポタージュ状にし、もち粉を混ぜて煮込んで作る。砂糖や蜂蜜を加えたり、アズキ、白玉を加えてもよい。家庭料理として作られるほか、粥専門店、伝統茶店、市場の露店などで提供される。また、韓国ではコース料理の最初に少量の粥を食べる習慣があるため、宮中料理店や韓定食店では秋になるとホバッチュクを前菜として提供するところもある。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目