ファンテグイ(干しダラの薬味ダレ焼き/황태구이)

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

ファンテグイ황태구이)は、干しダラの薬味ダレ焼き。ファンテ(황태)は漢字で「黄太」と書いて野外で自然乾燥させたスケトウダラの干物。グイ(구이)は焼き物の総称。ファンテを麺棒などで柔らかくなるように叩き、ピリ辛の薬味ダレを塗って焼く。ファンテは江原道が主産地であり、現地の郷土料理店、専門店で味わえるほか、他地域においてもファンテを用いた専門店が多く存在する。ファンテを使った料理としては、ほかにファンテヘジャンクッ(干しダラのスープ/황태해장국)ファンテチム(干しダラの蒸し煮/황태찜)などがある。

  • ファンテとは
ファンテ(황태)は漢字で「黄太」と書いて野外で自然乾燥させたスケトウダラのこと。一般的なスケトウダラの名称はミョンテ(明太、명태)であるが、乾燥過程で黄色みを帯びることから名付けられた。また、その見た目がトドク(ツルニンジン、더덕북어)に似ていることからトドクプゴ(더덕북어)とも呼ぶ。プゴ(북어)は漢字で「北魚」と書いて乾燥スケトウダラの総称。江原道平昌郡の大関嶺(テグァルリョン、대관령)地区と、江原道麟蹄郡の龍垈里(ヨンデリ、용대리)地区が主な主産地であり、トクチャン(덕장)と呼ばれる丸太を櫓のように組んだ干し場をあちこちに見かける。もともとは北朝鮮に位置する咸鏡道(ハムギョンド、함경도)の特産品であるが、朝鮮戦争(1950~53年)によって南北が分断されて以降、江原道でも生産されるようになった。スケトウダラが水揚げされる12月から1月にかけて乾燥作業を始め、3月から4月にかけて出荷を行う。この間、トクチャンにかけられたスケトウダラは強風にさらされつつ、また昼夜の寒暖差から自然冷凍と自然解凍が繰り返される凍結乾燥によって水分が抜ける。手間と時間がかかることから、スケトウダラの加工品としては最高級の扱いを受ける。ただし近年は国産のスケトウダラが激減していることから、ファンテの原料もロシア産のスケトウダラが主流を占めている。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目