テグポルチム(マダラの頭の蒸し煮/대구뽈찜)

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

テグポルチム대구뽈찜)は、マダラの頭の蒸し煮。テグ(대구)はマダラ(真鱈)。ポル(뽈)は頬を意味し、この場合はマダラの頭。チム()は少量の煮汁で蒸し煮にする調理法を指す。マダラの頭を、大豆モヤシ、セリなどの野菜やエボヤ(미더덕)などとともに、とろみのついた辛い薬味ダレと絡めて蒸し煮にしたものを指す。マダラの主産地である慶尚南道巨済市や、昌原市の鎮海(チネ、진해)地区の郷土料理として知られ、マダラ料理の専門店にて提供される。また、それ以外の地域でも、海鮮料理店や、蒸し煮料理の専門店で提供される。マダラを用いた料理としては、ほかにテグタン(マダラ(真鱈)の鍋/대구탕)、テグメウンタン(マダラ(真鱈)の辛い鍋、대구매운탕)などがある。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目