センテチゲ(生スケトウダラの鍋/생태찌개)

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

センテチゲ생태찌개)は、生スケトウダラの鍋。センテ(생태)は生スケトウダラ。チゲ(찌개)は野菜や肉、魚などを煮た鍋料理の総称である。韓国語でスケトウダラのことをミョンテ(明太、명태)と呼ぶが、生の状態であるものを特にセンテ(生太、생태)と称する。対して冷凍したスケトウダラのことは(凍太、동태)と呼び、それを用いた鍋料理はトンテチゲ(スケトウダラ鍋/동태찌개)として区別される。ぶつ切りにした生スケトウダラを大根、長ネギ、豆腐などとともに煮込み、塩、醤油、粉唐辛子、ニンニク、ショウガなどで味付ける。鮮度のよい白子や卵を加えてもよい。家庭料理として作られるほか、スケトウダラ料理の専門店や、名産地である江原道の郷土料理店、海鮮料理店などのメニューとして提供される。ただし、近年の韓国ではスケトウダラの漁獲が激減しているため、センテチゲはいまや貴重な料理となっている。センテを用いた料理としては、ほかにセンテジョン(生スケトウダラのチヂミ、생태전)、センテクッ(生スケトウダラのスープ、생태국)、センテチリクッ(生スケトウダラの澄まし仕立て鍋、생태지리국)などがある。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目