シンソルロ(宮中式鍋料理/신선로)

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

シンソルロ신선로)は、宮中式鍋料理。シンソルロ(신선로)は漢字で神仙炉、または神設炉と書いて中央に炭火を入れる筒のある鍋を指す(鍋そのものの名称であり、料理名でもある)。宮中料理のひとつで、かつては口を悦ばす材料がたくさん入っていることからヨルグジャタン(悦口資湯、열구자탕)とも呼ばれた。クジャタン(口資湯、구자탕)、タングジャ(湯口資、탕구자)という呼び名もある。牛肉でとったスープに醤油などで味付けをし、色彩豊かなたくさんの具材を煮ながら味わう。具材には牛肉、魚、牛の内臓などのジョン(衣焼き、)、セリや長ネギなどの野菜、ナマコやアワビ、エビ、貝柱などの海産物、肉団子、クルミやギンナン、松の実などの堅果類、シイタケ、キクラゲ、黄白に分けた錦糸卵、糸唐辛子などを用い、色調がはえるように体裁よく盛りつける。また、具材は牛肉やジョンなどはいずれも短冊型に形を揃えておく。クジョルパン(宮中式クレープ包み/구절판)と並んで宮中料理の代表格とされ、宮中料理店や、韓定食店などでコースの一部として提供される。類似の料理としては、シンソルロに麺を加えたミョンシンソルロ(麺神仙炉、면신선로)がある。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目