クルバプ(牡蠣ごはん/굴밥)

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

クルバプ굴밥)は、牡蠣ごはん。クル()は牡蠣。バプ(=パプ、)はごはんの意。牡蠣を入れて炊いたごはんを指す。大根、大豆モヤシなどの野菜や、キノコ、豆、雑穀などを加えて炊いてもよい。飲食店では1人前ずつ釜炊きにするところもある。牡蠣の塩気だけでも充分に美味しいが、少量の薬味醤油をかけて食べるとさらに味わいが際立つ。牡蠣のシーズンである冬の季節料理として親しまれており、家庭料理として作られるほか、牡蠣料理店、魚介料理店などで提供される。韓国における牡蠣の養殖は慶尚南道統営市を中心とした南部地域で行われており、地元の牡蠣料理店ではコース料理の最後にクルバプを提供している。希少な天然の牡蠣は忠清南道保寧市洪城郡といった西海岸沿いが有名であり、こちらでは小粒な牡蠣をたくさん入れたクルバプを専門店で味わえる。牡蠣を用いた料理としては、ほかにクルクッパプ(牡蠣のスープごはん/굴국밥)クルジョン(牡蠣のチヂミ/굴전)、クルジョッ(牡蠣の塩辛、굴젓)などがある。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目