キムパプ(海苔巻き/김밥)

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

キムパプ김밥)は、海苔巻き。キム()は海苔、パプ()はごはんの意。板海苔の上にごはんを敷き、具を芯にして円形に巻く。具には牛肉、卵焼き、たくあん、ホウレンソウ、ニンジン、シイタケ、ハム、キムチ、ツナ、チーズなど多様なものが用いられる。日本の太巻きと同じく複数の材料を具として入れるのが一般的で、仕上げとして外側の海苔にゴマ油を塗ることが多い。またごはんも酢飯ではなく、塩とゴマ油で味付けをする。屋台、粉食店、食堂などで売られるほか、家庭でも多く作られる。特に外出時や行事などの弁当としては欠かすことのできない料理である。中に入れる具によって、ソゴギキムパプ(牛肉海苔巻き、소고기김밥)、キムチキムパプ(キムチ海苔巻き、김치김밥)、チャムチキムパプ(ツナ入り海苔巻き/참치김밥)、チーズキムパプ(チーズ海苔巻き、치즈김밥)などと呼ばれる。また海苔を内側に巻いて裏巻きにしたヌドゥキムパプ(裏巻きの海苔巻き/누드김밥)、おにぎりの別名であるサムガッキムパプ(おにぎり/삼각김밥)などの種類もある。具を何も入れず細巻きにしたチュンムキムパプ(ひと口海苔巻き/충무김밥)慶尚南道統営市の郷土料理として知られる。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目