カムジャタン(ジャガイモ鍋/감자탕)

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

カムジャタン감자탕)は、ジャガイモ鍋。カムジャ(감자)はジャガイモ、タン()は鍋料理の意。カムジャクッ(감자국)とも呼ぶ。豚の背骨を長ネギ、ニンニク、ショウガなどの香味野菜とともに長時間煮込み、そのスープに塩、唐辛子、味噌などで味付けをして作る。具には煮込んだ豚の背骨、下茹でをしたジャガイモなどを加える。また臭み消しとしてエゴマ、ゴマの葉を使用することも多い。主に専門店で食べられるメニューであり、居酒屋などのメニューに並ぶこともある。焼酎によく合うとされ、鍋を囲みながら飲む姿は韓国でもよく見かけられる。具をすべて食べ終えた後には、残ったスープにご飯を入れて、炒めて食べてもよい。類似の料理としては、同様のスープに豚の背骨、菜っ葉などを具として入れた1人前料理のピョタグィヘジャンクッ(豚の背骨のスープ/뼈다귀해장국)がある。また、ジャガイモを用いた料理としては、ほかにカムジャジョン(ジャガイモのチヂミ/감자전)カムジャソンピョン(ジャガイモ餅/감자송편)などがある。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目