ウドン(うどん/우동)

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

ウドン우동)は、うどん。日本語のうどんという言葉が、韓国でも定着して使われている。茹でた麺をつゆに浸して食べるものが主流で、ざるうどんや、冷やしうどんなどはあまり見かけない。粉食店、食堂、フードコートなど幅広い飲食店のメニューに並び、またウドンの専門店やチェーン店も多く存在する。載せる具によって、ユブウドン(きつねうどん、유부우동)、ティギムウドン(てんぷらうどん、튀김우동)、キムチウドン(キムチうどん、김치우동)、ソゴギウドン(牛肉うどん、소고기우동)、オデンウドン(おでんうどん、오뎅우동)などと呼び分ける。また、1人前の鍋で調理するネムビウドン(鍋焼きうどん/냄비우동)も定番の食べ方である。

  • カラッククス
カラッククス(가락국수)は、日本語のうどんを固有語に置き換えた醇化語。あるいは韓国において現地化したうどんをカラッククスとして区別する場合もある。大田市の大田駅はかつて京釜線と湖南線の分岐駅であり、停車時間を利用して駅のホームでカラッククスを食べる人が多かった。大田駅のカラッククスは地域の名物として知られるようになり、現在も駅構内の飲食店として「大田駅カラッククス(대전역가락국수)」が営業する。また、大田駅前にもカラッククスを提供する飲食店や屋台が集まる。
  • 中華料理店のウドン
韓国の中華料理店では、魚介、野菜を具とした温かいスープの麺料理をウドン(中華風の五目麺、우동)と呼ぶ。日本料理のうどんと同じ名前だが、両者は別の料理として区別されており、混同しやすい場合には「中華料理店のウドン(중국집 우동)」などとも呼ばれる。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目