アバイスンデ(大腸を使った太い腸詰/아바이순대)

提供: 韓食ペディア
移動: 案内検索
この記事はウィキペディアではありません。「韓食ペディア」はコリアン・フード・コラムニストの八田靖史が作る、韓国料理をより深く味わうためのWEB百科事典です。以下の内容は八田靖史の独自研究を含んでいます。

アバイスンデ아바이순대)は、大腸を使った太い腸詰。アバイ(아바이)は咸鏡道方言でおじいさん、または年配の男性を意味する。スンデ(순대)は腸詰の意(「スンデ(韓国式の腸詰/순대)」の項目も参照)。一般的なスンデが豚の小腸に具を詰めるのに対し、豚の大腸を用いて作るのが特徴である。豚の大腸に、干した大根の葉や、豚肉、新鮮な豚の血液(선지)、ニンニクなどを入れ、蒸して作る。もともとは北朝鮮に位置する咸鏡道(ハムギョンド、함경도)地方の郷土料理であり、朝鮮戦争以降に江原道束草市へ避難してきた人たちによって広まった。江原道束草市の青湖洞(チョンホドン、청호동)には咸鏡道出身者の集まるアバイ村(アバイマウル、아바이마을)という一画があり、アバイスンデは村の名物として有名である。また、同様のルーツを持つアバイ村の名物料理として、カレイ、スケトウダラのシッケ(韓国式の馴れ寿司/식해)や、オジンオスンデ(詰め物をした蒸しイカ/오징어순대)がある。アバイ村内で食べられるほか、咸鏡道料理の専門店や、スンデの専門店にて提供される。

脚注


外部リンク

制作者関連サイト

関連項目