グルメツアー「まんぷくツアー特別篇!全羅南道4日間(三進トラベル)」
Close
詳細
次回イベントまで

全羅道・光州

イシモチの干物とジャージャー麺~韓国の旬メシ142、韓国の休憩所メシ002

【韓国の旬メシ142】全羅南道霊光郡はクルビ(イシモチの干物、굴비)の名産地。昨日より港の法聖浦(법성포)一帯では「霊光クルビ祭り」が開催されています(21日まで)。すっかり高級品ですが、焼き魚にすると美味です。 【韓国

続きを読む

ヨモギとナズナときな粉餅~韓国の旬メシ130~131、キタメシ112

【韓国の旬メシ130】全羅南道康津郡の「実家」朝ごはん。春を感じさせるスックッ(ヨモギのスープ)をメインに、アズキ入りのチャルバプ(もち米ごはん)、ホウレンソウのコチュジャンナムル、イカの和え物、ウシオツメクサのナムル、

続きを読む

ハマグリ鍋と国産マッコリ「きぬさら」~韓国の旬メシ125、日本の韓メシ093

【韓国の旬メシ125】3~5月が旬のハマグリを鍋に仕立てた、ペカプタン(백합탕)。写真は全羅北道の扶安で撮りましたが、西海岸の各地で食べられます。ハマグリはほかにも蒸し焼き、和え物、お粥などが定番です。 【日本の韓メシ0

続きを読む

アサリ粥と韓国人に難解な韓国語メニュー~韓国の旬メシ124、日本の韓メシ092

【韓国の旬メシ124】3~4月が旬のアサリをお粥に仕立てた、パジラッチュク(바지락죽)。アサリは西海岸が名産ですが、中でも全羅北道の扶安で食べたパジラッチュクが絶品でした。むき身のアサリが大量で食べる潮干狩り状態。 【日

続きを読む

第1回韓流大懇親会と韓国産のアカモク~日本の韓メシ091

 昨日は新大久保「美名家」にて韓国関係の仕事をする人が集まる交流会。同じ韓国関係といえども業種、世代のまったく異なる50名超が集まって、ご挨拶、情報交換、仕事の相談等々で盛り上がりました。写真は開始直前の様子。バタバタし

続きを読む

ビビンバと韓国産ちりめん~韓国の旬メシ111、日本の韓メシ081

【韓国の旬メシ111】明日が旧正月なので本日は大晦日。今年の食材を新年に持ち越さないとの意味から、かつては大晦日にビビンバを作って食べるとの風習があったようです。これをビビンバの発祥とする説もあります。  ビビンバの発祥

続きを読む

柚子茶と恵方キムパプ~韓国の旬メシ110、日本の韓メシ080

【韓国の旬メシ110】寒い季節にホッと温まる、ユジャチャ(柚子茶、유자차)。柚子の旬は11~12月ですが、そのときに皮を砂糖漬けにしておくと通年で楽しめます。写真は主産地として知られる全羅南道の高興産ユジャチャ。 【日本

続きを読む

ハイガイと冷凍キムパプ~韓国の旬メシ091、日本の韓メシ062

【韓国の旬メシ091】ハイガイを蒸し焼きにした、コマクチム(꼬막찜)。薬味ダレを載せて出すことも多く、小さな赤貝みたいな感じです。全羅南道宝城郡の筏橋(ポルギョ)地区が名産地。11~2月頃が旬です。 【日本の韓メシ062

続きを読む

エイの刺身と温泉卵のビビンバ~韓国の旬メシ089、日本の韓メシ060

【韓国の旬メシ089】発酵させたガンギエイの刺身を茹で豚、熟成キムチと味わう、サマプ(三合、삼합)。冬に旬を迎えるガンギエイは全羅南道の黒山島が主産地です。全羅道地域のお祝い料理としては欠かせない一品。 ご存知の方も多い

続きを読む

ゴボウ海苔巻きと懐かし焼酎~韓国の旬メシ088、日本の韓メシ059

【韓国の旬メシ088】醤油と水飴で甘く煮たゴボウをどさっと海苔巻きに載せた、ウオンキムパプ(우엉김밥)。付け合わせですが一緒に食べても美味しいです。慶州駅前の城東市場名物。ゴボウの旬は韓国も真冬です。 【日本の韓メシ05

続きを読む

 

 
 
previous next