第24回「オレカテ」(講師:安部裕子さん)

2016年6月19日(日)

Time: 02:00pm

本企画は韓国関係の勉強会です。第24回(2016年6月19日14時~、17時~)のタイトルは「日本における韓流の現状」。韓国エンターテインメントライターとして韓流前から魅力を伝えてきた安部裕子さんに講師をお願いしました。


※5月31日7時追記
第1部は残席5、第2部は残席2あります。残席が少なくなってきましたので早めにお申込みください。


※5月27日13時追記
講座概要に安部先生からいただいた講座内容を追加しました。予定している講座の内容をより詳細に項目立ててご連絡いただいております。

 第24回「オレカテ」のお知らせです。
 オレカテをご存じない方はまず下記のページをご覧ください。

 オレカテとは?
 http://www.kansyoku-life.com/2014/04/4576.html

16050601

 第24回の講師は安部裕子(あべゆうこ)さん。韓国エンターテインメントライターとして多くの媒体で韓流情報を発信するとともに、コメンテーターとしても活躍なさっています。これまでに視聴された韓国ドラマは約1100作品にものぼるとか。

 その豊富な知識をもとに今回のオレカテでは……。

「日本における韓流の現状」

 というタイトルでお話しいただくことになりました。プロの目から見た韓流の現状を読み解いていただきたいと思います。

 先生の詳細なプロフィールはコチラ。
 

安部裕子(あべゆうこ)

<プロフィール>
 韓国エンターテインメントライター。
 1997年に「星に願いを」見て、俳優アン・ジェウクと韓国ドラマの魅力に目覚め、韓国語を学ぶ。1999年に軽い気持ちからWebサイト「韓国ドラマファン」を開設。また、当時は外国人がほとんどいなかったアン・ジェウクのファンクラブイベントに参加。2002年日韓ワールドカップを目前にした2001年、Webサイトを見ていただいた学研の編集者さんからライター業の依頼を受けたことをきっかけに、韓国エンターテインメントライターに。2004年、本格的な韓流ブームが到来。そのかたわら、急増した日本のアン・ジェウクファンのために、日本のファンクラブ「Forever Japan」の初代幹部役員を務めた。
 これまでに約1100作品もの韓国ドラマを視聴。現在は執筆業を中心にコメンテーターとして活動。趣味はK-POP鑑賞。

<書籍・出版>
 著書
 学研パブリッシング「韓国テレビドラマ事典」他多数

<連載>
 KNTVガイド 「韓ドラの箱を開けました」
 It’s KOREAL 「NEXTスターファイル」
 BS朝日Webサイト「韓ドラの箱~韓流ブラボー」

<主な執筆媒体>
 東京ニュース通信社、haru*hana、月刊・週刊TVガイド、スカパー!ガイド、学研パブリッシング 韓国ラブコメセレクション、韓国時代劇セレクション、韓国名優カタログ、Kstyle、るるぶ韓国、など

<TV・ラジオ>
 NHKプレマップ「冬のソナタ」、TBSラジオ mix、テレビ東京 朝は楽しく、フジテレビ721 チャンネル北野 辛口屋台、テレビ朝日 快適ズバリ!、宮城テレビ チャン!チェゴ 韓国、 日本テレビ しりすぎちゃん、テレビ朝日 スーパーJチャンネル、テレビ朝日 やじうまワイド
 J:COM「Jテレスタイル」に月1回ゲスト出演
 J:COM韓流情報番組「韓Fes!」レギュラー出演

 
 また先生からは以下のような講座概要を頂戴しました。

<講座概要>
 2004年に「冬のソナタ」でピークを迎えた韓流ブーム。その後、ブームは去ったと言われつつも、相変わらず根強いファンに支えられてきました。が、政治的な側面から、韓国ドラマの地上派放送が激減。かつてはワイドショーでとりあげられた人気K-POPスターの来日も、ニュースになることはなくなりました。そのため、韓流ファンではない人からは「韓流は終わった」と言われることも。果たして、本当に韓流は終わったのでしょうか? 1997年のドラマ「星に願いを」をきっかけに韓国ドラマの魅力にとりつかれ、趣味が昂じて韓流ライターとなり、今年で15年を迎えた安部裕子が、韓流の現状について語ります。

<講座内容>←NEW
1、韓国ドラマがなぜ日本で受け入れられ、人気が定着したのか?
2、日本における韓国ドラマの現状
3、日本だけの韓国とは異なる韓国ドラマのニーズ
4、ライター目線で見た、日本人にうける俳優の条件
5、日本の韓国ドラマは今後こうなる

 参加にあたって分野の専門的な知識は必要ありません。関心のある方は、ぜひ気軽にご参加いただければと思います。

 申し込みの受付開始は2016年5月11日(水)22時より。このページの最下部に開く専用フォームからお申込みください。

=========================

<第24回オレカテ>

日程:2016年6月19日(日)
受付:第1部(13時45分~)、第2部(16時45分~)
時間:第1部(14時~16時)、第2部(17時~19時)
場所:カナダラクッキング(セミナー室)
会費:2000円(税込、当日支払い)
 ※25歳以下の学生は1000円
定員:20名×2(先着順)
主催:オレカテ事務局韓食生活

<参加対象>

・韓国関係の仕事をしている人
・韓国関係の仕事をしようと思っている人

※どちらにも当てはまらないけどどうしても参加したい人は、将来したいことにしておいて参加する、という道もあります。

<会場>

カナダラクッキング
東京都新宿区大久保1-12-1第2韓国広場ビル3階
http://www.ehiroba.jp/kcc/

<当日の流れ>

【第1部】
13:45 受付開始
14:00 開会の挨拶、参加者自己紹介(※1)
14:15 講義開始
15:30 質疑応答
15:50 閉会の挨拶、アンケート記入、名刺交換
16:00 参加者退室

【第2部】
16:45 受付開始
17:00 開会の挨拶、参加者自己紹介(※1)
17:15 講義開始
18:30 質疑応答
18:50 閉会の挨拶、アンケート記入、名刺交換
19:00 参加者退室、後片付け

【食事会】
19:30 食事会(有志)(※2)

※1
講座開始前にごく短い自己紹介タイムを設けます。より有意義な情報共有を目指す意図があります。
※2
終了後に講師を囲んで食事(宴会?)をしようと思っています。申込の人数を踏まえて、お店(後日連絡)に予約を入れるつもりです。勉強会とは別途、会費5000円程度で考えています。

<申込方法>

2016年5月11日(水)22時より申し込みを受け付けます。このページの最下部に申し込みフォームが開きますので、必要事項を記入し送信してください。

1、お名前
2、メールアドレス
3、業種(例、○○関係、○○業、ライター、など)
4、所属(例、○○社、フリーランス、など)
5、参加を希望する回(※1)
・第1部(14時~)のみを希望
・第1部(14時~)を第1希望として第2部(17時~)を第2希望
・第2部(17時~)のみを希望
・第2部(17時~)を第1希望として第1部(14時~)を第2希望
6、食事会への参加
・食事会に参加をする
・食事会に参加をしない
7、複数名の同時申込(※2)

※1
「参加希望回」の第1希望は申し込み時点で定員を超過していなければ優先されます。申し込み時点で第1希望の回が定員を超過しており、かつ第2希望が定員に達していない場合、第2希望への申し込みとなります。申し込み後に定員を超過した場合も第1希望が優先されます。
※2
「複数名の同時申込」をする場合は、全員分の「お名前、業種、所属、メールアドレス、参加希望回、食事会への参加」を明記してください。

<特記事項>

お申込み後に事務局から事前アンケートをお願いします。申し込みフォームの情報と、アンケートの回答は講師の方に伝え、講義の参考としていただきます。

<その他>

・定員を超えたらキャンセル待ちの案内をします。
・申込状況はこの記事の冒頭とTwitterで随時お知らせします。
・問い合わせなどはオレカテ事務局にメールをください。
→orekatesamugu@gmail.com
=========================

<第24回「オレカテ」申し込みフォーム>

2016年5月11日(水)22時になったら、この下にフォームが開きます。必要事項を記入のうえ送信ボタンをクリックしてください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

業種 (必須)

所属 (必須)

参加希望回 (必須)
第1部(14時~)に参加をする第2部(17時~)に参加をする

食事会への参加 (必須)
食事会に参加をする食事会に参加をしない

複数名の同時申込 (任意)
※全員分の「お名前、メールアドレス、参加希望回、食事会への参加」をご記入ください


事務局より順次返信をさせていただきますが、万一連絡がない場合はお手数ですがお問い合わせください。

※商品へのリンクはamazonアソシエイトリンクが使用されています。

→その他のイベントを見る

→韓食生活のトップページに戻る

 

 
 
previous next