ソウルから地下鉄で行ける京畿道の旅が予想以上に楽しく美味しかった。

 7月17日、18日と2日間連続でソウルから京畿道へと日帰りで出かけました。17日は光明(クァンミョン)市、18日は軍浦(クンポ)市。どちらもソウル郊外の都市ですが、旅行気分で行っても楽しく、美味しいということがわかりました。

 以下はSNSに投稿したまとめです。

<1日目:光明>

 京畿道の人が光明伝統市場をオススメする理由がよくわかりました。めっちゃ賑わっているのに、観光客がまったくいない。ごくごく日常としてのエネルギッシュな韓国が見られる。楽しい。そして美味しいものに出合えて、この後地下鉄でソウルまで帰れるなんて。

 注文したピンデトク(肉&キムチ入り)が思いのほか、大きく、美味しく、マッコリにぴったりだったので、本日の仕事は終了としました。

#光明ハルモニピンデトク
#광명할머니빈대떡

1杯3000ウォンのカルグクスがなぜこんなに美味しいのか。濃厚すぎる煮干しダシに、韓国では珍しいほどにコシのある麺。間違いなく韓国屈指。本日、2本のマッコリを完飲してベストコンディションで訪問した自分を褒め称えたい。幸せ。

#ホンドゥッケカルグクス
#홍두깨칼국수

<2日目:軍浦>

 よく見る地方都市といった風情の軍浦駅前に比べて……。

 道路の広い明洞といだた感じの山本駅。メインの駅はこっちでしたね。なお、当たり前ながら「やまもと」駅ではなく「サンボン」駅です。山のような本、という解釈もできることから、軍浦は本の町でもあるそうです。

 いやぁ、美味しいソルロンタンでした。牛肩バラ肉を具とするヤンジソルロンタン。牛の脂とネギの甘味がよく出ていて、口当たりまろやかというか柔らかというか。1959年創業で、かの朴正煕大統領も噂を聞いてやってきたとの逸話があるとか。軍浦駅から徒歩5分。

#軍浦食堂
#군포식당

 軍浦駅から4号線の山本駅まで移動の途中に、地元の方でぎっしり満員のカフェがありました。1960年におばあちゃんが慶州で開いた店を、この地で受け継いだとのこと。

 看板商品のソフトクリームは濃厚タイプかと思いきや、むしろさらりと懐かしい味がしました。

#釜山ケーキ
#부산케키

 今回、京畿道南部を目指したのは、8月25日(日)に四谷「ウリアカデミー」で行う市場講座の準備がまずひとつ。またこの地域はこれまで縁がなかったので、いずれのツアーに向けたリサーチと、ソウルから地下鉄で行ける地方旅行の可能性を考えたものでした。楽しかったので今後に活かせるよう頑張ります。

第16回 八田靖史の韓食語講座~市場編(3)~
https://www.woori-academy.com/premier#a03

 

→韓食生活のトップページに戻る

→最新記事の一覧を見る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next