結城奈佳先生の作る旬と流行を盛り込んだ韓国料理ランチの会に参加。

 一昨日は某デザイン事務所さんのランチ会に参加。いろいろな料理の専門家を呼んで定期的に開催しているそうですが、今回は韓国料理、しかも結城奈佳先生ということでお声かけいただきました。美味しく華やかであったのはもちろん、旬や流行の要素も盛り込まれてさすがの一言でしたね。

 2種類のヤンニョムチキンをメインに、麻薬卵(韓国風煮卵)、ミョウガと小松菜のチャンアチ(漬物)、自家製サムジャンを添えたスティックサラダ、トウモロコシのチヂミ、アザミの葉の炊き込みごはん、水キムチ、キムチチゲ、そしてこれとは別に黒米と黒千石大豆を入れて炊いたごはんもありました。

 デザートは、あんフラワーケーキ。ひとつひとつ花の形に仕上げる見た目の美しさのみならず、下の土台をシルトク(蒸し餅)でなく、かるかんにして食感をさらに柔らかくしたのもポイントだそうです。この美しさを写真に収めるべく、あちこちで窓際の自然光を利用した本気の撮影大会になっていました。

 なお、主催の某デザイン事務所とは、himeさんと出した『イラストでわかる はじめてのハングル』(高橋書店)をデザインしてくださった株式会社フレーズ様。himeさんのインパクトある絵を、より映えるようデザインしていただきました。ハングルをゼロから学びたい方に超おすすめです! と最後は宣伝。

※上記商品へのリンクはamazonアソシエイトリンクが使用されています。
 

→韓食生活のトップページに戻る

→最新記事の一覧を見る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next