6月の塩辛と醤油サムギョプサル~韓国の旬メシ157、韓国絶品グルメ009

【韓国の旬メシ157】キムチ作りに欠かせないアミの塩辛)。6月にとれたアミで漬けたものを、ユッチョッ(6月の塩辛、육젓)と呼んで最高級と評価します。次いで5月のオジョッ(오젓)、秋のチュジョッ(추젓)など。

 冒頭の写真だと手前にある3つがチュジョッで、左奥にあるのがオジョッ、右奥がユッチョッ。ユッチョッは見るからにサイズが大きいですし、チュジョッと比べて値段も3倍ぐらいします。2014年に江華島で撮った写真ですが、チュジョッ1kgがW1万に対し、オジョッW2.5万、ユッチョッW3万でした。

【#韓国絶品グルメ30選 009】サムギョプサル(忠清北道清州市)。清州はサムギョプサルの町。市内にはサムギョプサル通りがあり、3月3日(サムギョプサルデー)にはお祭りも開かれます。いったん醤油ダレに浸してから焼くのが清州式。これをなぜか日本語で「シオヤキ」と呼ぶのも興味深いところです。

 先週土曜に大阪で開催された、第1回「GPIカルチャー講座」。今月末に慶尚北道のガイドブックを出版予定のあんそらさんと、慶尚北道を中心に観光、グルメの魅力を語ってきました。3時間という長丁場でしたが、みなさんのご参加もありたいへん盛り上がりました! 大感謝!

 昨日は銀座「土屋グループ 銀座ショールーム」にて木谷朋子さん主催の旅カルチャー講座。新刊『韓国行ったらこれ食べよう!』に絡めて、本場で食べたい韓国料理の話をしました。講義後は江華島のお茶と野原由美先生作のお餅をいただきつつ質問タイム。優雅な時間でした。

※上記商品へのリンクはamazonアソシエイトリンクが使用されています。
 

→韓食生活のトップページに戻る

→最新記事の一覧を見る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next