農業祭のスープとひと口海苔巻き~韓国の旬メシ143、韓国の休憩所メシ003

【韓国の旬メシ143】昨日ソウル市東大門区では農業祭祀「先農大祭(선농대제)」を実施。朝鮮時代にこの祭祀で供物とした牛を大釜で煮て、そのスープを振舞ったのが「先農湯=ソルロンタン」の由来とされます(異説あり)。

 以下がその先農大祭を報じた記事。

先農大祭を開き豊作を祈願した東大門区(新亜日報、韓国語)
http://www.shinailbo.co.kr/news/articleView.html?idxno=1160278

 実際にソルロンタンを作って3000名に配ったとか。これは参加したかったですねぇ。なお、ソルロンタンの語源は「先農湯」説のほか、モンゴル語に由来するとの説があります。

【韓国の休憩所メシ003】休憩所(サービスエリア)では麺料理を選びつつ、空腹具合によってチュンムキムパプ(ひと口海苔巻き、충무김밥)を追加、シェアすることが多いです。ただこれを食べた慶尚北道軍威郡の軍威休憩所は郷土メニューも多く、そちらを食べればよかったとの後悔も。

 義城ニンニクラーメン。慶尚北道義城郡はニンニクの名産地です。

 そのほか、

・軍威イーロウン韓牛クッパプ(軍威郡)
・義城ニンニクソーストンカツ(義城郡)
・安東塩サバ定食(安東市)

 といったメニューもありました。2015年の訪問なので、いまはもっとあるみたいです。ちなみに軍威のイーロウンは地域の特産品を冠するブランドです。

<過去のまとめ>
韓国の旬メシ001~050
http://www.kansyoku-life.com/2018/12/21749.html
韓国の旬メシ051~085
http://www.kansyoku-life.com/2018/12/21801.html

 

→韓食生活のトップページに戻る

→最新記事の一覧を見る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next