ウシオツメクサとこくうま~韓国の旬メシ132、日本の韓メシ094

【韓国の旬メシ132】ウシオツメクサを和え物にした、セバルナムルムチム(세발나물무침)。2000年代半ばから栽培が始まり、ここ数年は春になると見かける機会が増えました。塩生植物の一種でほんのり塩気があります。

【日本の韓メシ094】東海漬物のキムチ「こくうま」。日本でもっとも売れているキムチがこの商品だそうです。日本人の舌に合わせて酸味を減らし、イカごろ、カツオの塩辛、アミの塩辛、ホタテエキス、カキエキスで重層的なうま味を強調。国産白菜を100%使用というのも大きな売りです。

<過去のまとめ>
韓国の旬メシ001~050
http://www.kansyoku-life.com/2018/12/21749.html
韓国の旬メシ051~085
http://www.kansyoku-life.com/2018/12/21801.html
日本の韓メシ001~056
http://www.kansyoku-life.com/2018/12/21925.html

 

→韓食生活のトップページに戻る

→最新記事の一覧を見る

この記事のタグ:



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next