第43回「オレカテ」(講師:吉崎エイジーニョさん)募集中
Close
詳細
次回イベントまで

今後はチムジルバンのオススメを聞かれたら原州の炭焼き窯を紹介します。

Twitterに投稿した内容の転載です。

(1/5)昨日は #江原道 原州(ウォンジュ)の炭焼き窯を見学。韓国全土に焼肉のうまい町は多いですが、それを下支えする「炭」は江原道が名産地。木材はクヌギを使用。1300度の窯で1週間かけて焼くことで最高級の炭ができあがります。雉岳山の炭焼き窯に着くと煙がもうもうと立ち上がっていました。

(2/5)炭焼き窯では事前予約で作業の見学もできますが、地元の方はチムジルバン(サウナ)として利用します。焼けた炭を取り出した後、窯にむしろを敷き、残った熱で温まるという仕組み。窯は少しずつ温度を下げながらも4日間ほどは熱が残るとのこと。熱が引いたら、また木材を配して炭焼きをします。

(3/5)炭を出した直後の窯はコッタン(꽃탕)と呼ばれる超高温サウナ。「入ってもいいですか?」と尋ねると「一瞬で出るならいいですが、髪が燃えますし、電子機器は爆発しますよ」との答え。冗談ではなさそうだったので本当に一瞬だけ入りました。これを好む常連客がいるというのが信じられません。

(4/5)初心者は炭を出して3、4日目ぐらいの窯から始めるのがよさそう。芯まで温まった後は、併設の食堂でサムギョプサルを食べるのが定番の流れとか。これほどまでに炭が香る、香りが美味しいサムギョプサルは初体験でした。改めて焼肉における炭の重要さを再確認。常連客に人気のミヨックッも美味。

(5/5)今回訪ねた炭焼き窯の「雉岳山チャムスッ(치악산참숯)」は原州市内から車で30分ほどの距離。自力で行くのはやや大変ですが、チムジルバン好きには超オススメです。新見寿美江さんとワタクシが同行する、5月24、25日出発のツアーでも立ち寄ります。https://bit.ly/2Ej2DVQ (H.I.S.)


 ※2018年5月7日追記
 ツアーは日程を延期することになりました。また日程が確定したらお知らせします。

 
<八田靖史プロフィール・既刊著書一覧>
http://www.kansyoku-life.com/profile

<最近のお仕事>
『JCB THE PREMIUM 2018年1月号』(原稿執筆)
JCB/会員誌/2017.12.20
『ピョンチャン直前!韓国江原道まる分かりガイド』(番組出演)
チバテレ/2017.12.31
『新宿新聞』(取材協力)
新宿区新聞社/定期購読/2018.1.1
るるぶ韓国 ソウル・プサン・済州島’19』(原稿執筆・広告協力)
JCBパブリッシング/1080円/2018.3.7
Kore“an”Night』(ラジオ出演)
LOVE FM/2018.3.31、2018.4.7

<日々のお仕事>
韓国語学習ジャーナルhana Vol. 24』(FOOD連載)
→最新記事「Vol.24 地ビール」 ←2018.2.28発売
『朝日新聞デジタル』(「海峡往来真発見」執筆)
→最新記事「和食彩る莞島のアワビ」 ←2018.3.31UP
『ヒトサラマガジン』(コラム執筆)
→最新記事「エビの醤油漬けからエゴマ料理まで、国内最先端を行く創意の韓国料理!」 ←2018.4.23UP

<イベント&オフ会情報>
4月28日(土):第2回「オレカテ映画部」 ←募集終了
 ※主催:オレカテ事務局韓食生活
5月13日(日):第11回「八田靖史の韓食語講座 ~北朝鮮編~」 ←募集中
 ※主催:ウリアカデミー
5月20日(日):第42回「オレカテ」 ←募集中
 ※講師:新見寿美江先生「20年を振り返って語る韓国旅行の可能性と未来」
 ※主催:オレカテ事務局韓食生活
5月24~26日、25~27日:グルメツアー「春の韓国を旅する 原州&驪州」 ←募集中
 ※企画・実施:エイチ・アイ・エス
6月2日(土):第43回「オレカテ」 ←募集中
 ※講師:吉崎エイジーニョ先生「オレカテ史上 最も危険!? ”日韓サッカー比較論” W杯を通じて韓国を知り、楽しむ方法」
 ※主催:オレカテ事務局韓食生活
11月3~6日、21~24日:第10回「まんぷくツアー(忠清北道編)」 ←日程確定
 ※受託販売:三進トラベルサービス

※上記商品へのリンクはamazonアソシエイトリンクが使用されています。
 

→韓食生活のトップページに戻る

→最新記事の一覧を見る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next