「イラストでわかる はじめてのハングル」出版記念イベント@新大久保
Close
詳細
次回イベントまで

三河島「ママチキン」で精進料理の会~ますます超ボリュームの後編

14041901

前編から続きます。

三河島「ママチキン」で開催された精進料理の会。

前編だけで、すでに15品を数えておりますが、
まだまだ折り返し地点、ここから後半へと向かいます。

海印寺(해인사)で修業をしたママさんが作る精進料理は、
予想以上にバラエティに富み、そして超ボリュームでした。
写真がそのママさんで、尼さんらしく頭は剃髪しています。

ちょうどミニ料理教室ということで、

・サムジャン(包み味噌、쌈장)

の作り方を披露しているところ。
僕が普段作るときは材料を混ぜ合わせるだけですが、
ひと手間加え、炒めて作るレシピを教えていただきました。

14041910

そして、もう1品。

・マピンデトク(山芋のチヂミ、마빈대떡)

こちらも家庭で手軽に作れるようにとレシピを披露。
山芋の生地にパプリカ、コーンなどが入っています。

こんなイベントも間に挟みつつ。

14041902

また料理のほうに戻るとしましょう。
精進料理の基本、ナムルは3種類を盛り合わせに。

・シレギナムル(干した大根の葉のナムル、시래기나물)手前
・チィナムル(シラヤマギクのナムル、취나물)右
・済州島ナムル(済州島でとれた山菜のナムル、제주도나물)奥

済州島ナムルというのがいまもって謎なのですが、
済州島でとれるから、そう呼ぶのだそうです。
仕入れの段階からそう呼ばれているので、詳細は不明。

確かに済州島といえば漢拏山あたりで山菜がとれます。
チィナムルなんかも済州島名物のひとつですが、
済州島ナムルと呼ばれるものは聞いたことがないです。

一応、調べてもみましたが、答えは結局わからずじまい。
どなたかわかる人がいたら教えてください。

個人的には印象的だったのはシレギナムル。
なんでもママのお母さまが送ってくれた手作りのものだとか。
元の野菜がよいのか、あるいは干し方がよいのか、
驚くほどに味わいが濃く、別格に美味しかったです。

普段はチィナムル好きでもっぱらそれを好んで食べますが、
この日ばかりはシレギナムルに手が伸びました。

14041903

・ヨングンジョン(レンコンのチヂミ、연근전)

レンコンを粗めにすりおろしたチヂミです。
ジャガイモで作ってもよく似た感じになりますが、
レンコンで作るとより素朴な味わいに。

14041904

・スッケトク(ヨモギ餅、쑥개떡)

ヨモギを練り込んで扁平な形に仕立てた餅です。
このあたりになると、もうみんなかなりの満腹状態で、

「これを食べたら残りが入らない!」

と早々に持ち帰りを決意する方もいました。
僕もちびちびと食べていたのですが、意外に後を引き、
気付いたときにはペロリとなくなっていたり。

特に味付けがなされているわけでもないのですが、
ヨモギの香りと米の甘味だけで充分に美味しいです。

14041905

・トトリムクムチム(ドングリ寒天の和え物、도토리묵무침)

茶色いのがドングリのでんぷんを固めたもの。
ぷるぷるとした食感と、素朴な風味を郷愁をそそる料理です。
野菜はサンチュとともに生のノビルが使われていました。
ピリッとした刺激がアクセントになります。

14041906

・チョンポムクムチム(緑豆寒天の和え物、청포묵무침)

ドングリでなく緑豆のでんぷんを固めたもの。
仕上がりが茶色でなく、青みがかった白になります。
コチラにもノビルが入っていましたね。

14041907

・ポムトンムチム(春白菜の和え物、봄동무침)

柔らかな春白菜を浅漬けのキムチ風にしたもの。
そのままサラダ風に食べてもよいのですが……。

14041908

一緒に出てきたコチラを包む用でもあります。

・コンゴギ(大豆肉、콩고기)

大豆、クルミ、ピーナッツを練って作った代用肉。
テジカルビ(豚カルビ焼き、돼지갈비)風の味付けで、
食感を除けば、肉を食べているような気にもなります。

見た目は本当に肉っぽいですよね。

14041909

・タルレテンジャンチゲ(ノビルの味噌チゲ、달래된장찌개)

先ほども出てきたノビルを味噌チゲに入れました。
一緒に入っているのは、ナムルで絶賛したシレギ(干した大根の葉)。
そして、味噌もママのお母さまが手作りしたものということで、
オモニのテンジャンチゲ、といった風合いの料理でした。

いやぁ、このテンジャンチゲは美味しかったですねぇ。

ママのご出身は慶尚北道青松郡というところですが、
残念ながら僕もまだ足を向けたことがありません。
お母さまの腕ももちろん大きいのだとは思いますが、
1度、青松にもぜひ行ってみたいという気になりました。

……ということで、料理は以上。

実はほかにもまだ準備があったようなのですが、
さすがに食べきれないということで勘弁してもらいました。
最終的な品数は、えーと……。

「26品!」

ということでいいのかな。
いやはや本当に気合いの入った大盤振る舞いでした。
加えて、ミニ料理教室あり、ママの精進料理解説ありと、
内容的にもずいぶん盛りだくさんだったかと。

おかげさまでいい会となりました。

かくして一同解散となったのですが……。

14041911

そのまま残った2次会組が僕を入れて数名。

「ママチキンではやっぱりチキンを食べねばならぬ!」

ということでネギチキンをいただいてきました。
ここまでの精進料理はすべて特別料理で普段は出ませんが、
そうでなくとも「ママチキン」はチキンの美味しいお店。

自家製のマッコリ(合法!)も飲めますので、
本来はそちらを目当てに足を運んで欲しいと思います。

店名:ママチキン
住所:東京都荒川区西日暮里1-7-6
電話:03-3801-4156

<過去の関連記事>
三河島「ママチキン」で韓国式餅つき&新企画告知。
http://www.kansyoku-life.com/2014/03/3137.html
三河島「ママチキン」で鶏三昧&周王山マッコリ。
http://www.kansyoku-life.com/2013/01/1466.html
三河島「ママチキン」で自家製マッコリ&松茸。
http://www.kansyoku-life.com/2010/10/1202.html
三河島「ママチキン」でピンク豚セット。
http://www.kansyoku-life.com/2008/08/790.html
三河島「ママチキン」で初三河島宴会。
http://www.kansyoku-life.com/2008/08/790.html

 

→韓食生活のトップページに戻る

→最新記事の一覧を見る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next