湯島「孔雀」でアジ刺しとぎんだら煮を頼むとこうなる。

14040601

日常的に韓国料理を食べ慣れている人と行く隠し玉。

そんな用途の店が僕の中にはいくつかあります。
御徒町駅と湯島駅の間に位置する、居酒屋「孔雀」もそのひとつ。
ずいぶんご無沙汰をしてしまいましたが、三河島に住んでいた頃は、
距離的に近いこともあって、ちょくちょく顔を出していました。

路地の中にあって、この外観のビジュアルはいいですよね。
1階がカウンター席、2階が掘りごたつ式の座敷と、ひとつ小さな半個室。
使い勝手としてもたいへんに便利なのが気に入っています。

14040602

まず出てくるお通しはドサ盛りのモヤシナムル。

らしさの片鱗がここにも隠れているのですが、
この居酒屋におけるいちばんの個性というのが……。

14040603

このへん。

「刺もの」

と書かれたメニューから、例えばアジ刺しを頼むと……。

14040604

こう出てきます。

アジの刺身をキュウリ、春菊などの生野菜とともに、
甘酸っぱいタレと絡めたムチムフェ(刺身和え、무침회)です。
ショウガ醤油などはまったく出てきません。

14040605

また、一品料理の中から、ぎんだら煮を頼んでみると……。

14040606

こう出てきます。

韓国料理でいうチョリム(煮付け、조림)なのですが、
まったくの説明なしにこう出てくるのが素晴らしいですね。

もう1度冒頭の外観を見ていただければわかると思いますが、
看板には居酒屋とだけあり、韓国らしさの気配は微塵も感じられません。
店名の「孔雀」からも、それを想像するのはちょっと無理ですね。

知らずに入って注文したら、きっと驚くだろうなぁと思いますが、
もしかしたら一見さんには説明をするのかもしれません。

なお、このぎんだら煮は熱狂的なファンが多く、
某仕事の打ち上げで行ったときは、

「絶対に1人1尾食べるべき!」

と主張する方がいて10数人前を予約注文しました。
僕も行けば必ず食べる料理のひとつです。

14040607

タコの唐揚げ、はいわゆる居酒屋スタイル。

全部が全部、韓国式のアレンジで出てくる訳ではなく、
見た感じの印象では半々という感じでしょうか。

食べ方によっては居酒屋風にも飲めますし、
韓国家庭料理店としての楽しむこともできます。

14040608

僕の用途はたいてい韓国料理のほうですけどね。
イカのごろごろしたチヂミを頼みつつ……。

14040609

鉄板で出てくる牛カルビなどもチョイス。

14040610

「にんにくオイル焼き」

これも行けば必ず食べる料理のひとつ。
左上の鉄板に卵がついてきて一緒に味わいます。

14040611

さらにお気に入りから……。

「キムチポッカ」

いわゆるキムチ炒めですが、メインとなる食材を、
豚肉、イカ、ハチノスの3種類から選べます。
この日は豚肉をチョイスしましたが、ハチノスもおすすめ。

14040612

ごはんものとしてビビンバも注文しました。

和風にシメたい場合はお茶漬けも用意されています。
梅茶漬け、たこわさ茶漬け、チャンジャ茶漬けといった風に、
もう日本なんだか、韓国なんだかよくわかりません。

それでも店内は常連さんがほとんどですので、
そのあたりはもう慣れっこになっているんでしょうね。
日韓の料理が違和感なく調和している姿は壮観ともいえます。

あるいはマッコリのほうも、

・不老どんどん酒
・済州マッコリ

と通好みなセレクトで2種類用意されていたり。
どちらも生マッコリ。もう、ひとつひとつが全部ツボです。

なので、僕にしてはずいぶん通ったつもりでしたが、
ブログの過去記事を見たら、1回しか書いてなかったですね。
その1回もいま見たら今回の記事とほぼ同じ内容なので、
毎回、同じ料理をキメ打ちのように楽しんでいるからかもしれません。

それにしても久しぶりに湯島エリアへと足を向けましたが、
懐かしさとともに、またこの界隈を徘徊したくなりました。
このへんにはお気に入りの店が多いのです。

店名:孔雀(くじゃく)
住所:東京都文京区湯島3-42-9
電話:03-3831-2608

<過去の関連記事>
湯島「孔雀」で居酒屋風韓国料理。
http://www.kansyoku-life.com/2009/04/934.html



2 Responses to 湯島「孔雀」でアジ刺しとぎんだら煮を頼むとこうなる。

  1. 「ほんとうに美味しいキムチはどれだ!」は、とても参考になりました。
    少し酸味が有るんが好きなんです。

    • >みさん
      僕も酸味の効いたキムチのほうが好きです。鍋用、炒め物用のキムチをスーパーに並べて欲しいと、常々メーカーの方には言うのですが、なかなか日本人の好みではないので難しいようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next