ベルギービールの「Hoegaarden」を飲みながら。

13122301.jpg

銀座方面で打ち合わせの後、ちょうど昼どきだったので、
最近オープンして、気になっていた店へ向かいました。

ただ、思い付きでよく調べもせず行ったため、
残念なことにランチはやっていなかったんですね。
閉まったドアから、恨めしそうに中だけ覗き、
ため息をついてトボトボと店の前を後にしました。

「じゃあ、どうしようかなぁ……」

としばらく歩いて目に入ったのがベルギービールの専門店
ランチのハンバーグセットを食べながら……。

13122302.jpg

昼間からもう飲んじゃうことにしました。

ホワイトビールの「Hoegaarden」です。
原料にコリアンダーやオレンジピールが使われており、
すっきりした飲み口とフルーティ香りが特徴。

なんてのは、メニューの受け売りそのままですが、
ところでみなさん、「Hoegaarden」ってなんて読みます?

日本におけるカタカナ表記では、

「ヒューガルデン」

と書かれていることが多いです。

ただコレ、どうやら日本式のカタカナ読みらしく、
現地語とはずいぶんかけ離れているみたいですね。
ネットで検索した限りでは、

「フーハールデン」

が近いとかなんとか。

なので、あまり人のことは言えないのですが、
何が書きたいかというと、韓国語における呼び方ですよ。
このビール、韓国語ではなんと、

「호가든(ホガドゥン)」

と呼ばれています。

最初聞いたときは何がなんだかわかりませんでした。
難読外来語としてはメガド(マッカーサー)レベルでしょう。

13122303.jpg

今年夏のソウル取材中。

「人気のあるビールはどれですか?」
「よくご存じのように、ホガドゥンです」
「あー、やっぱり……(って何それ!?)」

こんなやり取りがありました。
「よくご存じの」という前置きがあったために、
つい知ったかぶりをしたことを白状しておきます。

ここは通称、メクチュチャンコ(ビール倉庫)。

店の壁一面に小ビンのビールが入った冷蔵庫が並び、
客が自分で勝手に持ってくるシステムになっています。
料理は注文もできますが、持ち込み自由がほとんど。

気軽にビールだけをちびちび飲んでいてもよいため、
安上がりに済むことから、人気を集めている業態です。

今年夏のソウル取材では何度もお世話になりました。
昨年から話題になり始めて、今年の夏にドンと増えたとか。
ひと昔前に流行ったセゲメクチュ(世界ビール)の派生型ですね。

日本のプレミアムビールもずいぶん浸透してきましたし、
いまの韓国はビール業界がたいへん賑やかです。

13122304.jpg

「そのほか人気のあるビールはどれですか?」
「じゃあ、全部持ってきますよ」

ということで、取材をした店のベスト10がこちら。
センターに置かれたホガドゥンは1番人気なのだそうです。
2位はミラーで、3位はKGB vodka Lemon(ウォッカカクテル)。
3位の時点でもうビールじゃないんですけどね。

13122305.jpg

飲み終えたら、空きビンをカゴに入れてレジカウンターへ。
それぞれ値段が違い、1本3~5000ウォン台のものが多いです。
高いビールだと、1本1万ウォンを超えるものもありました。
うっかりカパカパ飲むと、けっこういっちゃうかもですね。

まあ、自分でビールを取りに行きながら、何を飲もうか悩むのが楽しさ。
来年の夏にまだ生き残っていたら、ぜひ足を運んでみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next