池袋「ベジテジや池袋西口店」で包むサムギョプサル。

13040801.jpg

「サムギョプサル?」
「ううん」

「え、サムギョプサルでしょ?」
「いやいやいや」

「豚バラ肉の焼肉=サムギョプサルだよね?」
「まあね」

「どう見てもサムギョプサルじゃん!」
「ふっ、違うね!」

「じゃあ、なんなのさ」
「こいつはな」

「こいつは?」
「こいつは、ただの豚!」

「ただの豚?」
「そう、包まぬ豚は、ただの豚ぁっ!!」

というネタを仕込んだまま出張に出てしまいました。
ちょうど食べに行ったのが、出張に出る前々日。
心残りをようやく解決できてホッとしています。

新刊「韓国料理には、ご用心!」の60~61ページにも書きましたが、
この「ベジテジや」は関西を拠点とするサムギョプサル専門店。

2006年8月に京都、深草に1号店をオープンして以来、
短期間で勢力を伸ばし、現在は9都府県で20店舗を展開しています。
東京には今年2月、渋谷、池袋に進出しました。

サムギョプサルメインの専門店としては国内最大の店舗数です。

13040802.jpg

そんな「ベジテジや」における人気の秘密が、
びっくりするほどバリエーション豊かな包み素材という部分。
冒頭にもってきた、

「包まぬ豚は、ただの豚」

というキャッチコピーがすべてを物語ります。
上の写真に並んでいるのは、

・京風包みもち
・玄米クレープ
・トルティーヤ

という包み素材3種。

13040808.jpg

さらには、

・丸ごとトマトキムチ
・マスタードごろっとポテト
・ゼンマイナムル

といった小皿類があって、これらをトッピングと総称します。

サムギョプサルそのものにも味のバリエーションがあり、
それらとトッピングを掛け合わせることで無限大の可能性を引き出す。
それが「ベジテジや」の大きなコンセプトということです。

それではみなさん、もう1度大きな声で……。

「包まぬ豚は、ただの豚!」

13040804.jpg

自社農園で栽培する手のひらサイズのサンチュで包み……。

13040805.jpg

ロールサンド風にトルティーヤで包み……。

13040806.jpg

香ばしい風味の玄米クレープで包み……。

13040807.jpg

もっちり食感でほの甘い、京風包みもちで包み……。

次はどれで包もう、どのトッピングを追加しよう、
どれとどれを組み合わせよう、と悩むことこそが楽しさ。
ある種、手巻き寿司のようなワイワイ感が魅力です。

13040803.jpg

ただ、僕が思うに、この店が成功した理由って、
決して包み素材がたくさんあるからだけじゃないですね。

薬味用のプレートが給食風でユニークさを演出していたり、
その使い方がひと目でわかるように工夫されていたり。
細かい部分に気配りがあり、また遊び心があります。

13040809.jpg

ミニパンに載ったチャプチェ(春雨炒め)なんかこう見えて、
名前が「バジルチャプチェ」でどう味わってもイタリアン。

きちんと韓国風のチャプチェも用意してありますが、
変化球でもしっかり驚かせてくるあたりは見事です。

これ知らずに食べたら、びっくりするでしょうねぇ。

13040810.jpg

シメの一品には、京都伏見チゲを注文。
酒かすがたっぷり効いた、とろとろの和風チゲでした。

いろいろ発見があり、想像力をかきたてられた夜。

いまのところ東京では渋谷、池袋の2店舗だけですが、
ホームページを見る限り、東久留米でも今月オープンの模様。
そちらはフードコートでのファストフードのようですね。

この勢いだと、まだまだ店舗は増えていきそうな印象。

東京のサムギョプサル事情にどのような化学変化が起こるのか。
今後の展開も含め、楽しみにしていきたいと思います。

店名:ベジテジや 池袋西口店
住所:東京都豊島区西池袋1-38-5セイコービル2階
電話:050-5797-0761
営業:18:00~翌5:00
定休:なし
http://vege-teji.com/

<お知らせ>
日本で進化する韓国料理~食の韓流10年を振り返る~
http://www.rihga.co.jp/osaka/culture/single/detail/korean.html

<新刊情報>
韓国料理には、ご用心!
http://www.amazon.co.jp/dp/4883205800/
http://books.rakuten.co.jp/rb/12257440/

<紹介記事>
スポーツソウルジャパン
http://www.sportsseoul.jp/article/read.php?sa_idx=4447
スポーツソウルJAPAN(プレゼント企画)
http://sportsseoul.jp/event/2013/book/index.php



3 Responses to 池袋「ベジテジや池袋西口店」で包むサムギョプサル。

  1. agu724

    東京にも出来たのですね、ぜひ行ってみたいです。京風包みもちが食べたい。玄米クレープは、前にユン家のテジコギ(新大久保)で食べて気に入り、どこのお店でも常備してもらえたらなぁ、なんて思っていました。給食風プレート、家で焼肉をやる時に私も同じように使っていまして、コレは本当におすすめですよ!洗い物も一発で済みます(笑)

  2. KATSUYAMA

    八田様
    ご来店ありがとうございます。
    「韓国料理にはご用心!」も読ませていただき
    とても勉強になる事ばかりでした。
    またお食事でもご一緒してください。
    宜しくお願いします。

  3. >agu724さん
    待望の東京進出という感じですよね。
    あれこれ包み素材を選べるのは大きな楽しさです。
    玄米クレープもいいですし、個人的には、
    トルティーヤで瞬時に洋風化するのも好みです。

    >KATSUYAMAさん
    おかげさまで楽しく食事をしてきました。
    新刊も無事お手元まで届いたようで何よりです。
    お時間あるようでしたら食事もぜひぜひ。
    ゆっくりお話を聞かせて頂けたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next