第38回「オレカテ」(特別企画:K-POP座談会)募集終了
Close
詳細
次回イベントまで

三河島「ママチキン」で鶏三昧&周王山マッコリ。

13011201.jpg

三河島といえば、2008年から約2年住んだ町ですが、
引っ越してしまったら、すっかり縁遠くなってしまいました。
自宅から徒歩2分の場所にあったこの店も、

「何年ぶりですか、本当に!」

とママさんから怒られるぐらいにご無沙汰。

そんな何年ぶりって、とその場では思ったのですが、
しっかり振り返ってみると、2010年10月以来でした。

あー、2年ぶり以上でしたね……。

三河島「ママチキン」で自家製マッコリ&松茸。
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-1206.html

ということは、このサクサクなフライドチキンも2年ぶり以上。
いやはや、季節が過ぎるのは本当に速いものです。

13011202.jpg

この日はお任せでどんどん料理が出てきたので、
どれがレギュラーメニューなのかよくわかりませんが……。

まず、キムチ&ナムル盛り合わせ。

13011203.jpg

ホタテと大根のサラダ風和え物。

ママさんに料理名を聞いたら「ホタテムチム」と返ってきましたが、
ホタテといっている時点で、日本語と韓国語がちゃんぽん状態。
韓国語でホタテのことは「カリビ」といいますが、

「んじゃ、カリビムチムでいいですか?」
「カリビ?」

とママさんに通じなかったので、やはりホタテムチムがよいようです。

いつぞやも「ヤンニョムホタテ」という混合語に出会いましたが、
「ホタテ=カリビ」で通じないことがけっこうあるんですよね。
海沿いの出身でないと、あまり馴染みがないのかもしれません。

チョゲグイ(貝焼き)とかでも、よく見る気がするんですけどね。

13011204.jpg

こちらもママさん曰く、ホバクタッチム。

分割して直訳すると、

・ホバク(カボチャ)
・タッ(鶏)
・チム(蒸し煮)

ということで、カボチャと鶏肉の蒸し煮なのですが、
たぶん日本でなら、チムタクのほうが通りはいいでしょうね。

鶏肉と野菜の蒸し煮はかつてタッチムと呼ばれましたが、
最近は安東の郷土料理として、チムタクという呼び名が有名に。
なので、

「カボチャ入りチムタク!」

と説明したほうが、ピンとくる人は多い気がします。

あとは、ズッキーニ風の韓国カボチャではなく、
日本のいわゆるカボチャ(西洋カボチャ)が使われています。
韓国語でヌルグンホバク(年寄りカボチャ)とか、
あるいはタノバク(甘いカボチャ)と呼ばれるアレですね。

カボチャのホクホクとした甘さが醤油味の鶏肉とよく合います。
たぶん、栗とかサツマイモを入れても合いそうな予感。

秋口あたりに女性向けとして、

「芋栗南京(いもくりなんきん)チムタク!」

を開発してみても面白そうです。

13011205.jpg

はたまた、肉野菜炒め的料理が出てきたと思ったら……。

13011206.jpg

てっぺんをフランベ。

「ママチキン」の料理もだいぶ手がこんできましたね。
もうメニューを見て注文するよりは、ママさんと相談のうえで、
予算を伝えて適当に作ってもらうほうがよさそうです。

そして、これだけの料理が出てくる訳ですから……。

13011207.jpg

マッコリだって、グイグイ進んでいくというもの。

もうヤカンとか、ボトルとかで頼むのが面倒になって、
結局、4リットル入りの巨大なボトルで出して頂きました。

「これ花見用にちょうどいいんじゃないですかねぇ!」

といった話で盛り上がったり。

なお、久しぶりなので一応しっかり書いておきますが、
「ママチキン」は店の裏でマッコリを自家醸造しています。
もちろん密造ではなく、しっかり酒造免許を取得済み。
「周王山(チュワンサン)」という銘柄で販売もしています。

詳しい背景などはコチラ。

asahi.com/コリアうめーや!!「マッコリの免許」
http://www.asahi.com/international/korea/TKY201009240141.html

13011208.jpg

フライドチキンに蜜を絡めて炒めたタッカンジョン。

「今年は鶏肉メニューをさらに充実させる!」

とママさんが宣言していました。
ほかにもいろいろな鶏料理を考えているようです。

13011209.jpg

デザートはマッコリで発酵させたチンパン(あんまん)。

13011210.jpg

これ、いい名物になりそうじゃないですか?

マッコリと一緒にテイクアウト販売でもよさそうな感じ。
お土産で少し頂きましたが、家であたため直しても美味しかったです。

ちなみに4リットルのマッコリはいつしかすっかり空に。
それ以前もずいぶん飲んでいたはずなんですけどね。
おかげさまで久しぶりに三河島の夜を楽しみました。

店名:ママチキン
住所:東京都荒川区西日暮里1-7-6
電話:03-3801-4156
営業:17:00~翌1:00
定休:なし

<関連記事>
上野・日暮里・三河島のオススメ韓国料理記事一覧
新大久保のオススメ韓国料理記事一覧



One Response to 三河島「ママチキン」で鶏三昧&周王山マッコリ。

  1. SM

    正直 マズっ…汚い…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next