新宿「水刺齋」で水刺齋オリジナルチャプチェほか。

12071001.jpg

えーと、ずいぶんまた更新が止まってしまいました。
忙しさの山からは、まだ当分解放されない模様ですが、
ようやく少し、息つくヒマくらいはできてきた感じです。

そんな忙しさの最中に、仕事から逃避してお邪魔したのがコチラ。

新宿高島屋の13階にある「水刺齋(スランジェ)」というお店です。
新大久保駅前と、渋谷ヒカリエにも同系列の支店があり、
野菜を中心とした、切り口の鋭い韓国料理を提供しています。

……という印象を得た、最初の1品が冒頭の写真。

野菜、キノコを盛り込んだ具だくさんなチャプチェ(春雨炒め)ですが、
なんとも目を引くのが、真っ赤に染まった春雨の存在ですね。
なんでも、ビーツを使って赤く仕上げているのだとか。

食べ慣れたはずのチャプチェが、色合いだけでこのインパクト。
なるほど、こういう方向性の工夫もあったのかと驚きました。

12071002.jpg

この日はアラカルトでいろいろ試してみましたが、
どの料理もひと工夫、ふた工夫あって、楽しかったですね。

キムチ盛り合わせは、あっさり味の開城(ケソン)スタイル。

12071003.jpg

ナムル盛り合わせは、ドングリのクレープに包んで。

12071004.jpg

トッポッキ(餅炒め)はエゴマ油を使って炒めたもの。
ほっこり柔らかいサツマイモが具に入っています。

12071005.jpg

盛り付けもきれいですよねぇ。
ポッサム(茹で豚の葉野菜包み)はこんな感じで出てきました。

手前の大皿、豚肉と一緒に盛られているのが、
葉唐辛子、エゴマの葉、タンポポの葉、大根、白髪ネギ。
そして、右奥に見えているのが……。

12071006.jpg

こんな感じの包み野菜盛り合わせ。
花の下でロール状に白菜とコンブが巻かれています。
なお、これらの野菜はポッサムだけでなく……。

12071007.jpg

焼き石の上に載せられたサムギョプサル(豚バラ肉の焼肉)。

12071008.jpg

同じくコチュジャンサムギョプサルを包んでも美味でした。

どの料理もひと皿ごとのボリュームを控えめにしてあるので、
少人数でも、いろいろ試せるのはなんとも嬉しい配慮です。

12071009.jpg

生マッコリをぐいぐい飲みつつ、サムギョプサルサラダと……。

12071010.jpg

ユッケジャン(牛肉の辛いスープ)を追加。

12071011.jpg

最後は冷麺とキムパプ(海苔巻き)のセットでシメ……。

12071012.jpg

と、思いきやデザートも3種類を全制覇。
いやはや、男3人の席とはいえ、ずいぶんよく食べました。

デザートは、手前がフルーツとアイスを持ったホットクのプレート。
奥がパフェと杏仁豆腐ですが、パフェには柚子風味のソース、
杏仁豆腐にはラズベリー(覆盆子)のソースがかかっていました。
ちょい足しで韓国を感じさせてくれるのも嬉しいですね。

韓国料理をオシャレに仕立てる流行りのスタイルですが、
韓国料理の範疇から大幅に飛び出ることなく、芯をしっかり持った印象。
その中で、主に「野菜」という素材を効果的に使っていくことで、
新しいことをしようとしている姿勢が伝わってきました。

ちょうど平日の夜だったので、この日はさほど混んでいませんでしたが、
デパートの上という場所柄、週末はえらく混む様子。
料理の雰囲気からも、平日にゆったりの利用がいいかもしれませんね。

12071013.jpg

最後に厨房から出てきて頂いて、有名なキムチ王子と記念写真。

長いこと、ネット上でのやり取りはあったのですが、
なかなかお会いできず、直接のご挨拶はこれが初めてでした。
目に美しく、そして美味しい料理をありがとうございました!

店名:水刺齋(スランジェ)
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2新宿高島屋13階
電話:03-5361-2034
営業:11:00~23:00
定休:なし
http://suranje.com/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next