旅行ツアー「全羅南道まんぷく4日間」後記(前編)

12010501.jpg

今年の正月は帰省もせず自宅でゴロゴロ。
どこへ行くでもない気楽な寝正月を堪能しました。

とはいいつつも半分は仕事に追われた年末年始であり、
どこが仕事納めで、どこが仕事始めかも微妙でしたけどね。
ブログのほうも年明けの恒例行事は果たしたものの、
その後、いきなり3日もサボってしまう体たらくです。

「1年の計は元旦にアリ!」
「今年はブログも毎日更新するぞ!」
「仕事もバリバリやるぞ!」

と景気のいい話でも書きたいところですが、
たぶん今年の上旬は史上最大に忙しい日々となります。
その理由などはまたおいおい報告させて頂きますが、
ともかくも当面は温かい目でお付き合い頂ければ幸いです。

などという言い訳を経て。

冒頭の写真は昨年11月のツアーで撮ったもの。
ありがたいことにバスの正面に掲げられておりました。
三進トラベルサービスの韓国ツアーはこれで3度目。
秋の恒例にして頂いて、なんともありがたい限りです。

しかも、今回は20名を超える大所帯。

賑やかにわいわいと全羅南道が誇る名物料理を、
胃袋がはちきれんばかりに食べ歩いて参りました。
ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。

ずいぶん遅くなりましたが一応の報告をさせて頂きます。

12010502.jpg

初日、金浦空港からバスに乗って向かったのは、
はるか南の全羅南道霊光郡の法聖浦という港でした。
霊光の法聖浦といえば全国に名だたるクルビの名産地。
霊光クルビの名前でも呼ばれるイシモチの干物です。

高級なものはデパートの贈答品売場に置かれ、
1尾10万ウォンの値がつくことすらある高級魚。

それを本場でドーンと景気よく韓定食スタイルで、
たっぷり味わおうというのが初日夜の食事でした。

イシモチ関連だけでもいろいろな料理があり、

・クルビグイ(イシモチの干物)
・チャリンコビ(3ヶ月間干した伝統方式の干物)
・クルビジョン(クルビの衣焼き)
・クルビメウンタン(クルビの辛い鍋)
・コチュジャングルビ(クルビのコチュジャン漬け)

といった感じ。

そこに加えて、刺身やイシモチ以外の干物があったり、
カンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬け)があったり。
初日からずいぶんと豪華な食卓になりました。

12010503.jpg

食事を終えた後は、霊光から木浦まで移動して宿泊。
翌日の朝食は木浦名物のヨンポタン(テナガダコのスープ)です。
写真ではカットされた状態ですが、丸ごとのテナガダコが入って、
店員さんがハサミで食べやすい大きさに切ってくれます。

12010504.jpg

食後は儒達山から木浦市内を眺め……。

12010505.jpg

羅州映像テーマパークにも立ち寄り……。

12010506.jpg

そのまま移動して光州に到着して昼食。
光州駅前のオリタン(アヒル鍋)通りに繰り出しました。

1羽丸ごと入ったアヒルのボリュームもさることながら、
エゴマの粉がたっぷり入ったどろどろのスープが美味です。
そして食べながらどんどん投入していくセリの香りも秀逸。
これらを味わいながら……。

12010507.jpg

昼から地元産のマッコリもいっちゃいましょうね。

今回のツアー、僕も行くまで知らなかったのですが、
ほぼ毎食のようにマッコリがついておりました。
マッコリの置いてない店は、スタッフが買いに走ったりも。
おかげで各地の地マッコリを楽しむことができましたね。

12010508.jpg

午後は潭陽で伝統的な庭園の瀟灑園を見学し、
順天の楽安邑城という朝鮮時代の民俗村にも行きました。
写真は楽安邑城を一望する位置からの写真ですが、
ちょうど夕焼けが当たって、それはそれは見事でしたね。

終わりかけの紅葉と、夕焼け色の藁葺屋根とが、
ちょうど同じような色合いに溶け込んでおりました。

12010509.jpg

ゆったり民俗邑を歩いた後は、そのまま順天で夕食。
食事のメインはチュクミボックム(イイダコ炒め)でしたが……。

12010510.jpg

郷土料理としてはむしろこちらを目指しました。
順天名物のチャントゥンオタン(ムツゴロウのスープ)です。
日本ではムツゴロウというと有明海の干潟が有名ですが、
順天もまたラムサール条約に登録される干潟の町なんですね。

ただ、残念なことにムツゴロウのスープといいつつも、
このスープの中で、その姿を探せる訳ではありません。

チュオタン(ドジョウ汁)のようにすりつぶした状態で入っているので、
旨味というか、エキスというかを、味噌仕立ての中で感じるのみ。
よく煮込まれた大根の葉だけがスープの中からは出てきます。

といった感じで2日目も終了。

このまま後編に続くということになりますが、
その後編がまたいつまでもアップされないのは嫌ですね。
なんとか明日には書けるよう頑張りたいと思います。

この記事のタグ:



2 Responses to 旅行ツアー「全羅南道まんぷく4日間」後記(前編)

  1. ハイリホー

    ここ3ケ月の韓国コンテンツの台頭、新大久保の変化のスピードが尋常じゃないだけに、八田さんの的確な新大久保レポート、待ち望んでいます。八田さんの“史上最大……”も気になりますね。

  2. >ハイリホーさん
    新大久保事情は本当にめまぐるしいですよね。
    ついていくのも精一杯という感じですが、
    時間のある限り、取材に出たいと思います。
    あとで振り返って印象に残る1年にしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next