渋谷「西武渋谷店」で韓流美・味展(2日目)。

11101501.jpg

渋谷で開催中の「エネルギッシュコリア韓流美・味展」。
本日で4日目ですが、まずは2日目の報告をさせて頂きます。

初日に続き、2日目もセミナーを担当致しましたが、
おかげさまでこちらのほうも満席となりました。
ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございます。

途中からは後ろの立ち見ゾーンに知り合いの顔も見え、
それがまた韓国通の方ばかりだったので、少しばかり緊張したり。
下手なことがいえない、という訳ではないのですが、
より正確な説明をと思って、グダグダになるのはよくあることです。

とはいえ、全体的には楽しくお話しさせて頂きました。

終了後はまたも「ナルゲ」にお邪魔して遅めの昼食。
御膳は頂いたので、プルコギビビンバを選んでみました。
真鍮の器に盛り込まれた、野菜たっぷりのビビンバ。

ナルゲ
http://www.naruge.com/

右上にコチュジャンのタレが別途ついてはきますが、
そのままの薄味でも充分美味しく味わえました。

序盤は野菜とプルコギの味付けで楽しみつつ、
中盤以降はコチュジャンを足しつつ変化をつけて。
韓国的には邪道ですが、日本でだったらアリでしょう。

ちなみに隣にちらっと見えているスープは、
コムタン(牛スープ)ベースにキノコ、野菜を入れたもの。
前日の御膳にもありましたが、地味にこれがお気に入りです。

「ナルゲ」は宮中料理、家庭料理も上手な店ですが、
それと同じぐらい焼肉店の要素も得意にしております。
韓国料理がいまほど普及する前から営業している店だけに、
焼肉要素が強いのは、ある意味当然のことでしょうけどね。

プルコギビビンバと牛スープのセットというのは、
「ナルゲ」のよさがよく見える組み合わせと感じました。

11101502.jpg

自宅に持ち帰ってのデザートはコチラ。
広尾「薬膳甘味千の花」が誇るスイーツの数々です。

薬膳甘味千の花
http://www.yk-sennohana.com/

手前にあるのが、

・アメーラトマトと柚子茶のゼリー

そこから時計まわりに、

・高麗人参プリン
・黒ごまプリン
・きなこプリン

といったラインナップ。
ほかにもカップケーキやモンブランなどいろいろあって、
ショーケースの前で目移りするほどですけどね。

プリンは陶器の白い器ごと購入できるとあって、
つい数を揃えたいと、写真以外も含めて4個買いました。

柚子の香りをまとったアメーラトマトがなんとも甘く、
それでいてトマトの酸味と青味も適度に残していい感じ。
個人的には豆の香りが濃厚なきなこプリンが印象的でしたね。
高麗人参のほろ苦さと、黒ごまの香ばしさもたまりません。

11101503.jpg

夜は久しぶりに自宅で晩酌タイム。

今回は「にっこりマッコリ」が初出展しているので、
青いラベルの「生」を1本購入してきました。

にっこりマッコリ
http://www.e-don.co.jp/

先日、試飲会を行った缶入りの新商品はまだでしたが、
近いうちにそれも発売になるだろうとのこと。
市場で販売される姿を見る日が非常に楽しみですね。

左はこの催事では皆勤賞の「東京マッコリ」。

東京マッコリ
http://www.tokyo-makkori.com/

マイナーチェンジを施して、かなり濃さを増したようです。
以前は日本酒らしさが全面に出したすっきり系のマッコリでしたが、
新しいバージョンは濁りも濃く、どぶろくに近い飲み口です。

また、今回の催事で出ているのは鮮度もかなり新しいので、
自然な甘味、発酵由来ではないほのかな酸味が生きています。
もともと万人受けするコンセプトの商品ではないですが、
それを踏まえても、このマイナーチェンジはいい方向に作用しそうな予感。

日本酒や辛口のマッコリが好きな人はもちろん、
生マッコリに馴染んできた人にも試して頂きたいです。

11101504.jpg

マッコリの肴に「高矢禮健」の唐揚げ。

高矢禮健
http://www.gosireh.com/gon/

晩酌の肴を求めて会場をウロウロしていたところ、
「ナルゲ」の金徳子先生に買って頂いちゃいました。
どうやら先生のお気に入り商品だったようです。

ほんのり味噌系統の味もするやみつきヤンニョム味。
「高矢禮健」ではほかにミートボールやメンチカツなど、
素材にこだわった惣菜類を販売しております。

11101505.jpg

こちらも皆勤賞の「テジョンデ」から購入しました。

テジョンデ
http://www.tejongde.com/

ヤンニョムケジャン(ワタリガニの薬味ダレ漬け)と、
左はぷりっとした食感が魅力の甘エビのキムチ。
甘エビのキムチはそのまま食べてももちろん美味しいですが、
ごはんに載せて、海苔で巻いて食べるとさらに美味でした。

11101506.jpg

イートインも出している「ヨンヤン」では変わりキムチを2種。
左がラッキョウのキムチで、右が梅干しのキムチです。
ラッキョウのキムチは甘酢にちょっと刺激が加わる印象。

梅干しのキムチは、舌で味わっている感覚が梅干しでありつつ、
鼻に抜けていく風味がキムチという、不思議な二元感覚。
値段はややお高めですが、梅干しそのものが立派なサイズですね。

11101507.jpg

ヤンニョムケジャンはすべて食べずに残りを鍋料理用に。
今回の催事では、この「ヤンニョムケジャン→コッケタン」という、
まかない的なゴールデンコースを学べたのも収穫でした。

「テジョンデ」のママさん曰く、味噌汁に入れても美味しいとのこと。
普段よりもタレのぶんだけ味噌を薄めておくのがコツだそうです。

ちなみにこのコッケタンは翌日さらに甘エビのキムチも投入され、
さらに野菜だの、白菜キムチだのも入ってごった煮化。
それでもワタリガニからのダシが効いているので妙に一体感があり、
何回にも分けて、ヤンニョムケジャンを楽しむことになりました。

なお、3日目と4日目は自宅作業で会場に行けませんが、
買い込んできた他の商品で、催事を存分に楽しんでおります。
その報告もまたさせて頂きますが、やっぱり会場に行きたいですね。
仕事の合間を縫って、また足を運んできたいと思います。



4 Responses to 渋谷「西武渋谷店」で韓流美・味展(2日目)。

  1. 韓流展盛況で何よりです。
    11月中に北朝鮮の車窓からを見る
    イベント開催します。

    これは20年前1992年、北朝鮮で開催された
    羅先地区の国際開発会議へ同行取材した際に
    平壌から羅先地域へ寝台列車へ行きました。
    ほぼ車内で過ごしてばかりでした。
    その時に撮影した車窓風景を
    ただ飲みながらのんびり見るイベントです。
    羅先地区は先日ロシアと貨物列車が
    結ばれた場所です。
    38度線をこえて韓国とつながれば
    釜山までヨーロッパがつながります。
    日本とは船便でつなげるので
    貨物輸送の短縮です。
    人間(観光客など)も運べるように
    なればいいのですが。

    車窓DVDを秘密に視聴できるどこかよい店は
    ありませんか?
    なければ自宅かも。
    栗原景さんらと話してます。

  2. ↑のイベントとても気になります^^;;

    さて、韓流美・味展に立ち寄ってきました。
    今回特に気になったのはブログの1日目のほうにもありますが、ジューシーソウルさんのお茶でした。このところ個人的な送別会シーズンで飲む機会が多いので、健康にも気をつかった韓国の食品類も気になりますね。お茶も農産物も魚介類も素材にこだわってみたくなりました^^

  3. ハイリホー

    八田さんのセミナー、満席どころか、係の方がどんどん席を増やしてくれてたんですよ。また、八田さんも質問されたように、着席されていた方々は、八田さんのセミナー初参加。
    やはり、八田さんのお話はヒギナーにもわかりやすく、声も通るので聞き取りやすいので最高ですね!
    予定があり、最後まで聞けなかったのがとても残念でしたが、同行者は『また韓国に行って、見たいものが出来たな…』とつぶやいておりました。

  4. >みあけアジョシさん
    なかなか面白そうな企画ですね。
    新大久保にもモニターのある店はありますが、
    どれだけ人数が集まるかにもよりますね。
    少人数ならノートPCを個室に持ち込むとか。

    >トム・ハングルさん
    ジューシーソウルのお茶、いいですよね。
    ペットボトルで飲める簡便さも気に入りました。
    健康系、機能系の食材は韓国でも人気なので、
    探してみるといろいろあると思います。

    >ハイリホーさん
    お忙しいところありがとうございました。
    まだまだ韓国には見て頂きたいところがあるので、
    第2弾、第3弾の視察をご検討ください。
    さらなる掘り出し物が見つかるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next