グルメツアー「まんぷくツアー特別篇!全羅南道4日間(三進トラベル)」
Close
詳細
次回イベントまで

新宿御苑「韓国食堂withさいたま屋」でラーメン&韓国料理。

11042901.jpg

ラーメン店の「さいたま屋」と韓国料理店が融合。
そんな記事を3月上旬に書いたばかりですが、
いつの間にやら、その2号店ができておりました。

神田「韓国食堂withさいたま屋」でラーメン系韓国料理。
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-1253.html

上の記事は神田、今回行ったのは新宿御苑前。
いずれも本郷にある「炙りbar」と同系列のお店です。

前回は肝心のラーメンを食べる時間がなかったので、
その反省をもとに、序盤の段階からつけ麺を注文。
大盛りを頂いて、みんなでつつきながら味わいました。

やや甘めのスープですが、魚介のダシが効いていますね。
麺は太麺で、しっかりした食べごたえがあります。
「さいたま屋」はかつて板橋駅の店によく行ったので、
ああ、確かにこういう味だった、と懐かしく思ったり。

11042902.jpg

まだ、リニューアルオープンして間もないため、
韓国料理はメニューも作り途中とのことでした。
なので、この日はお任せで注文。

チャンジャポテトサラダから始まり……。

11042903.jpg

ピリ辛メンマ。

11042904.jpg

韓国海苔。

11042905.jpg

白菜キムチといった前菜類がちょこちょこ出て……。

11042906.jpg

ラーメンダレを加えたチャプチェ(春雨炒め)。
神田でも食べましたが、これぞラーメン店との融合料理ですね。
やや甘めの醤油味が、ちょっと変わったチャプチェに仕上げています。

余談ですが、この春雨をテボ(振りザル)で茹でていたのも、
ラーメン店らしい韓国料理の特徴だったかもしれません。

11042907.jpg

マッコリは吉久保酒造の「うさぎのダンス」から。

茨城県水戸市にあるこちらの酒造も地震で被災しており、
復旧のために、一時期出荷が止まっておりました。
このボトルがようやく出荷できた震災後の第1陣とか。

「マッコリを飲んで復興支援!」

というのはちょっと大げさかもしれませんが、
もし機会があったら、ぜひ試してみてください。
甘味とシュワシュワ感の強い、女性受けしそうなマッコリです。

最近は生タイプだけでなく、火入れをしたものや、
缶に詰めた商品も、新たに生産されているようです。
以前は業務用だけでしたが、家庭用の販売もスタート。
ネットで検索をすると、扱っている店がヒットします。

11042908.jpg

料理は続いてラーメンサラダ。

11042909.jpg

そして、水餃子。

このへんは韓国とは無関係なラーメン店系の料理。
それをマッコリと一緒につまむというのもオツなものです。
なお、水餃子の後ろに見えているのは……。

11042910.jpg

有賀醸造の「虎マッコリ」。

こちらの酒造も福島県の白河市にあり、
やはり地震の被害が大きかったと聞いております。
こちらも復興支援銘柄のひとつですね。

辛口のドライな味わいが魅力のマッコリ。
ある意味、「うさぎのダンス」とは対極にある味わいです。

11042911.jpg

宮崎県産きなこ豚のポッサム(茹で豚の葉野菜包み)。
茹でた白菜、白菜キムチで包み、後ろに見えている、
ネギの和え物、味噌を加えて味をつけます。

11042912.jpg

このあたりから興が乗ってきて、ちょっとイタズラを。

甘味の強い「うさぎのダンス」とドライな「虎マッコリ」を、
混ぜて飲んでみたらどうなるか、という実験です。

蔵元のみなさんが心血注いで造っているマッコリなので、
お遊びに過ぎる実験ですが、意外にこれがけっこう美味しかったり。
マッコリの甘さって、人によっていろいろ好みがあるので、
自分好みのところに調整できる、というのは面白いかなと。

酔っ払いの舌ではありますが、同じ国産銘柄だけあって、
ほとんど違和感なく飲めたのも発見でした。

なお、僕らはこのオリジナルカクテルを、

「虎のダンス」

と命名。

いずれも希少銘柄ではありますが、
もし両方に出会うことがあれば、ぜひお試しください。

11042915.jpg

その後、韓国銘柄の「本生マッコリ」に変更。
国産銘柄とはまた違う、スタンダードな生マッコリもいいですね。
本生は久しぶりでしたが、やはりバランスのいいマッコリです。

11042913.jpg

料理は引き続いてウインナーが登場し……。

11042914.jpg

麻婆豆腐に至って、これで終了。
ずいぶんたくさんの料理を堪能しましたが……。

11042916.jpg

シメはやっぱりラーメンですよね。

つけ麺ではなく、こちらは博多ラーメンのほう。
とんこつスープに細麺が入っており、つるつるっといけます。
さすがに替え玉までは食べられませんでしたが、
今度こそ、韓国料理のシメにラーメンを堪能できました。

まだオープンから間もなく、準備中の部分もありますが、
連休中にはメニューなどもすべて整う予定だそうです。
ラーメンを食べている横で、マッコリを飲んでいるという、
なかなか見られない光景が日常のものとなりますね。

すでに神田店は、韓国料理がレギュラーメニューとなり、
ラーメンと韓国料理の融合が果たされたとのこと。
以前までは要予約でしたが、いまはいつでもOKだそうです。

新宿御苑のほうはカウンターのみなので、
人数が多いときは、2階のある神田店のほうがいいかも。
ふらっとひとりとか、少人数で飲むなら新宿御苑店は、
駅のすぐ隣にあるのでアクセスも非常に便利です。

店名:韓国食堂withさいたま屋新宿御苑店
住所:東京都新宿区新宿1-7-2
電話:03-3353-6820
営業:11:00~24:00
定休:日、祝

※2011.5.9追記
電話番号を修正しました。



4 Responses to 新宿御苑「韓国食堂withさいたま屋」でラーメン&韓国料理。

  1. つけめん

    2号店ができたのですね。神田と同じくつけめん、ラーメンから韓食料理まで食べて楽しい時間を過ごせるお店なんですね。新宿にはあまり行かないけど、神田とも違った料理や雰囲気も味わえるのかな。機会があったら行ってみようかと思います。八田さんはつけめん、ラーメンどちら派ですか?僕はつけめん派です。

  2. 食べ歩き好き

    変わったお店ですね。でもこの組み合わせいいかも。

  3. >つけめんさん
    ラーメンと韓国料理のコラボというのは、
    両方好きな人にはたまらないですよね。
    普段はラーメンもつけめんもどちらも食べますが、
    この日食べた印象ではつけめんに軍配でした!

    >食べ歩き好きさん
    韓国料理店としても、ラーメン店としても異色ですよね。
    機会があったら、ぜひ試してみてください。
    マッコリも種類が豊富に揃っているようです。

  4. >コメントをくださった方へ
    コメントありがとうございました。
    メールにて返信させて頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next