グルメツアー「まんぷくツアー特別篇!全羅南道4日間(三進トラベル)」
Close
詳細
次回イベントまで

新宿「くいもの屋わん新宿東口店」で居酒屋式韓国料理。

11021001.jpg

鉄板いっぱいのサムギョプサル(豚バラ肉の焼肉)。

「え、サイズおかしくない!?」

と思ったアナタ。正解です。

11021002.jpg

焼く前の状態はこんな感じでした。

固形燃料に、小さな鉄板を載せて、
そこで一口大にカットした豚バラ肉を焼きます。
普段、新大久保あたりで、

「厚さ18ミリ超のサムギョプサル!」

なんかを食べている人にはオモチャみたいでしょうね。

でも、豚肉そのものには、それなりの厚さがあり、
サンチュ、キムチがあって、千切りのネギも添えられていて。
ジュウジュウ焼いて、包んで食べる楽しさがあるというのは、
ここが居酒屋であることを考えると、充分な衝撃でした。

メニュー名も「わん風サムギョプサル」ですしね。

韓国専門でもなんでもない居酒屋においても、
サムギョプサルは普通にメニュー名として定着していました。
サムジャン(味噌)がないとか、ニンニクが欲しいとか、
欲をいえばキリがないのですが……。

「最近の居酒屋はすごい!」

と素直に思った次第です。

まあ、僕が普段から韓国料理店にしか行かないだけで、
世の中の流れとしては、もう当たり前のことなのかもしれません。
韓国とは無関係な居酒屋でも、韓国料理が普通に並んでおり、
それがけっこう鋭い、という事実を学んできました。

11021003.jpg

目の前で煮込むスンドゥブチゲ(柔らかい豆腐の鍋)があり……。

11021004.jpg

チヂミは、豚肉とキムチ入りで……。

11021005.jpg

「キム玉ぷるでじ」

なんてメニューもあったり。
これが、「豚キムチ炒めの温卵載せ」という名前でなく、
「ぷるでじ」になっているあたりにアンテナの高さが伺えます。

11021006.jpg

「甘海老のユッケ風」

なんてのも、居酒屋料理ならではでしょうね。

11021007.jpg

人気メニューという「チーズつくね」に浮気はしましたが、
この日、僕らが頼んだ韓国と無関係な料理はこれ1品のみ。
そもそもがメニュー数の多い居酒屋でしたが、
韓国縛りの注文でも、充分おなかが膨れる多彩さでした。

一方、ドリンクメニューを見ても……。

11021008.jpg

ストロベリーマッコリとか。

11021009.jpg

シトラスマッコリとか。

11021010.jpg

あんず棒まっこりとか。

マッコリ系のカクテルも揃っていました。
居酒屋におけるマッコリの活躍も今年は期待大ですね。
というより、コチラの店に来たのもそれが目当て。

以前も書きましたが、今年はマッコリ業界に大物が参入。

韓国で「長寿マッコリ」を造っているソウル濁酒が、
ロッテ酒類、サントリーと組んで、日本市場を開拓します。

日本での銘柄名は「ソウルマッコリ」ということで確定し、
昨年から一部店舗で、テスト販売が繰り返されていました。
この店のカクテルもソウルマッコリを使用したものです。

日本での販売はサントリーが大々的にやるようなので、
今年はよりいっそう、マッコリがアピールされていくはず。
これまでの販路すべてに営業をかけるでしょうから、
飲食店でマッコリを見る確率が大幅にアップします。

居酒屋なんかは、その最たる例でしょうね。

でも当然、マッコリだけの単体では限界があるので、
そこに付加価値をつけていく作業が重要になります。
そのわかりやすい例が、カクテル系のマッコリであり、
また、韓国系メニューとの組み合わせでしょう。

今年は「マッコリに初めて出会う人」がより増えます。

それがマッコリ業界にどのような変革をもたらすのか。
そして、韓国料理業界、韓国業界にどう波及していくのか。
妄想が無限に膨らんでいく1日でした。

店名:くいもの屋わん新宿東口店
住所:東京都新宿区新宿3-26-2三平中央口ビル地下1、2階
電話:03-5366-2022
営業:17:00~翌1:00(月~木、日)、 17:00~翌3:00(金、土、祝前日)
定休:なし
http://www.oizumifoods.co.jp/



2 Responses to 新宿「くいもの屋わん新宿東口店」で居酒屋式韓国料理。

  1. あやねパパ

    当日ご一緒させていただいた「あやねパパ」です^^!
    八田さんのおっしゃる通り、今の居酒屋企業のアンテナの高さは目を見張るものがあります。

    フードもドリンクも、居酒屋ユーザーの目線に合うようにオリジナルに改良し、本物感も残しつつ初めて体験する人にも受け入れられるように工夫しているところがすごいですよね!

    今年はソウルマッコリが、広く世間に知れ渡るようになって、マッコリマーケット全体が盛り上がると面白いですよね^^♪

  2. >あやねパパさん
    先日はありがとうございました。
    居酒屋に韓国料理が浸透している姿には、
    驚きとともに、ちょっとした感慨がありました。
    マッコリとともに、さらなる盛り上がりを期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next