三河島「ママチキン」で自家製マッコリ&松茸。

10102501.jpg

三河島の韓国料理店「ママチキン」。

今年の5月まではここから徒歩2分の場所に住んでおり、
自宅からもっとも近い韓国料理店としてお世話になっていました。
引っ越して、三河島ライフからは遠ざかってしまいましたが、
ご近所だった縁もあって、ちょくちょく通っています。

10102502.jpg

まあ、ご近所でなかったとしても通ったかもですけどね。

こちらが「ママチキン」自慢の自家製マッコリ。
以前の記事や『珠玉のマッコリ 徹底ガイド』でも紹介しましたが、
なんと、

10102503.jpg

店舗の裏を工場として、酒造免許を取得しました!

昨年から申請準備を始め、今年9月にようやく許可が下り、
法的に認められた自家製マッコリを提供できるようになりました。
そこから仕込みを始め、いま出ているのが第1弾の生マッコリ。
店の裏で造った出来立てのマッコリを新鮮な状態で味わえます。

日本の飲食店がマッコリのために酒造免許を取ったのは、
これまで僕の知る限り「韓さん生マッコリ」の「生マッコリ家」のみ。
そして、その「韓さん生マッコリ」はおおいに売れた関係で、
酒造としての機能を、いまは富士山麓のほうに移しております。

そういった意味では、店のすぐ裏で造っているマッコリは、
現状、「ママチキン」だけという希少性もありますね。

こうなってくると、後発店の増加も期待してしまいますが、
話を聞いた限り、ずいぶんと難しい部分が多い模様です。
法定製造数量(年間6キロリットル以上)もありますし、
それ以前に、過去の醸造経験なども審査されるとのことです。

過去の醸造経験ったって、素人にあるはずはないので、
日本人の技術者を連れてくるか、または韓国から技術者を呼ぶか。
ちなみに「ママチキン」の場合は、韓国から呼んだクチですが、
その技術者というのが、店を切り盛りするママさんの実弟。

来日前は慶尚北道安東市に位置する老舗醸造場で働いており、
その技術を携えて、日本にやってきたという背景があります。
自家製マッコリといえども、台所作業のように造っている訳でなく、
小規模ながら、きちんと工場として稼働させているイメージです。

10102504.jpg

そんな出来立てのマッコリをぐびーっとやっつけながら、
もともとの看板料理である、フライドチキンをかじります。
韓国であればいわせれば、

「フライドチキンにはビールだろう!」

となるところですが、自由な組み合わせで楽しめるのも日本ならでは。
マッコリにはこれ、という一応のイメージが韓国にはありますが、
銘柄の増えた日本なら、新たな組み合わせの模索も楽しいものです。
日本産のドライなマッコリなんか、焼肉のために開発されましたしね。

10102505.jpg

そして、この日はもうひとつの喜びが。

慶尚北道の山間部は江原道とともにマツタケの産地で、
それを特別メニューとして提供されております。
ママさんの故郷である慶尚北道青松郡は代表的産地のひとつ。

今年の韓国は雨が多く、農産物に重大な被害が出ていますが、
日本と同様、キノコは豊作になっているとのこと。
そんな背景もあって、大量に仕入れたそうです。

10102506.jpg

マツタケにゴマ油をかけて焼くのが韓国式。

「香りが命のマツタケになんてことをするんだ!」

という人もいるかとは思いますが、
これはこれで韓国らしい気分に浸れます。
まあ、途中から醤油をもらって食べましたけどね。

食べたい人は10月いっぱいであればまだあるかも。
なくなれば終わりなので、どうしてもの人は事前に確認してください。

10102507.jpg

ちなみにこちらは、翌日0次会で行った湯島の「周王山」。
三河島「ママチキン」の2号店という位置づけです。
店名の「周王山」は青松郡に位置する山の名前で、
自家製マッコリにも、同じ名前がつけられるそうです。

10102508.jpg

湯島の「周王山」でも、やはり自家製マッコリを飲みつつ、
この日は醤油味のフライドチキンを試してみました。

甘めの醤油でベタっといした感じにコーティングしており、
フライドチキンよりタッカンジョン(鶏の蜜揚げ)にも近い感じ。
個人的には、「おばあちゃんのぽたぽた焼き」を連想しました。
こいつを3人でたいらげ、景気をつけて1次会に移動。

その後、4軒ハシゴした話はブログに書こうか思案中ですが、
韓国料理とは無関係に、気持ちよく泥酔しました。

店名:ママチキン
住所:東京都荒川区西日暮里1-7-6
電話:03-3801-4156
営業:17:00~翌2:00
定休:なし

店名:周王山湯島店
住所:東京都台東区池之端1-1-2
電話:03-3834-1235
営業:11:00~翌3:00
定休:第3日曜日

<関連記事>
上野・日暮里・三河島のオススメ韓国料理記事一覧
新大久保のオススメ韓国料理記事一覧



9 Responses to 三河島「ママチキン」で自家製マッコリ&松茸。

  1. あっくん

    このいいお店を紹介してもらって
    「ママチキン」は去年、
    そして「周王山」は先日うかがえました。
    特に「周王山」の営業時間は行きやすくまた店内も広々と
    それでいろいろな部屋もあるので用途に応じて使えそうで
    またよかったですね。
    食事メニューもさることながらこの自家製マッコリは
    (八田さんのマッコリ本でもいろいろ行きましたが)
    なかなかよかったものでした。
    マッコリはこれ一本でいくというお店のスタイルの自信もうなずける
    のも納得の味わいでした。

  2. ホドガジャ

    先日は遅くまでお疲れ様でした!!。
    イヤ~あの日はホントに全員が「気持ちよく泥酔」って感じでしたねぇ(笑)。
    周王山にも初訪問できましたし、かなり長丁場な会でしたが、おかげさまで
    楽しい一日でした。

    でも、やっぱり松茸はウマそうですね~。
    頑張って(?)、今週本店まで行ってこようかな・・・^^;

  3. >あっくん
    両店ともそれぞれに魅力がありますよね。
    利便性でいえば湯島の「周王山」に軍配ですが、
    三河島「ママチキン」のディープさも捨てがたい。
    自家製マッコリでぜひ頑張って欲しいお店です。

    >ホドガジャさん
    その「気持ちよく泥酔」の記事をアップしました。
    僕は2次会(3軒目)の中盤から記憶がおぼろげです。
    どこもいい店だったので、また足を運びたいですね。
    「ママチキン」の松茸は行くならお早めに!

  4. こんにちは。
    24日にいつもの韓国料理大好きメンバーで周王山に行って来ました。

    フライドチキンや、ピンク豚、焼きチキンなどをかぶりつき自家製マッコリを甕で注文…女6人で何甕飲んだんだろう…足りなくなって、ママチキンにマッコリを取りに行ってもらうハプニングもありました(笑)
    そして初めて私は、マッコリで落ちてしまいました(泣)
    体が崩れていく体験は初めてでした。
    自家製は度数が高いんでしょうか!?
    美味しいからって飲みすぎたのが悪いんですけどね(^_^;)
    マツタケはもうなかったので、来年の予約をしてしまいました。

    あと、何か自分たちのグループに名前をつけようって事になって八田さんのオフ会で知り合った仲間なので、八(パル)とマッコリーヌで「パルマッコ」って名前をつけました。

    次は、サムスンネを予定しています。
    また美味しいお店教えて下さいねー♪

  5. >桂さん
    昨日、別のメンバーさんからも話を伺いました。
    グループ名に入れて頂くなんて光栄ですね。
    ぜひ「八」にひっかけて、最低8甕は飲み干してください。
    マッコリーヌの活躍を期待しております!

  6. 匿名

    ママチキンママです。周王山ママチキンを愛されまして皆様に本当に有り難うございます。
    八田さんのブログを見てママチキンにきましたマッコリ1本サビスします。八田さんいつきますか会いたいです
    ママチキンまま

  7. >ママチキンままさん
    すっかりご無沙汰して申し訳ありません。
    昔は気軽にすぐ行けたのですが、遠くなるとダメですね。
    当面、子どもが生まれてバタバタしてはおりますが、
    また必ず足を運ばせて頂きます。

  8. デイジー

    以前、何度か荒川区の韓国料理店で書き込みさせて頂いたデイジーと申します。
    ご無沙汰しております。

    荒川区の韓国料理店は随分行ったつもりなのですが、『ママチキン』へはまだ行ったことがありません。
    時間も夜のみの営業で、店の前を通ってもちょっと入りにくい感じがいつもしていました。

    お誕生日を迎えるご本人が、『ママチキン』に行ってみたいということで、ここでお誕生会をしようと思っているのですが、ある一人の方が実はチキンが苦手でして・・、他の韓国料理も取り揃えてあるのでしょうか?
    韓流オフ会をきっかけに知り合った韓国好きの仲間が数ヶ月に一度、三河島の韓国料理店で集まります。
    みな女子ばかりなので「ヨジャ会」と称していますが。

    まぁ、お店へ電話をして確認をすればよいことなのですが、ついつい書き込みさせて頂いてしまいました。

    お引っ越しされて、お忙しい中でもう、なかなか荒川区の韓国料理店へは来る機会がなくなってしまったでしょうね。 
    今年の初め頃に、以前『京都』というお店だった所が(高麗食品脇)『辛風』というお店に変わりました。
    八田さんもよくご存知かと思いますが、新大久保の『辛風』の系列です。
    ALL座敷というのが少々難点のような気もしますが、店内は明るく、お店をきりもりされているご夫婦も大変感じが良いです。

    今度機会がありましたら、是非いらしてみてください!
    お薦めです!
    私はこのお店、一人で通うほど今、大変気に入っています。

    長文失礼致しました。

  9. >デイジーさん
    返信が遅くなって申し訳ありません。
    僕も久しく足を運べていないのですが、チキン以外にも、
    料理はありますし、サムギョプサルも自慢料理です。
    基本的な家庭料理もあるので大丈夫ではないでしょうか。

あっくん へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next