新宿「サンピエロ新宿店」でデリロティ購入。

09101201.jpg

新宿駅の東口改札付近で購入したパン。
この見た目だけで、ピンと来る方はアンテナの高い韓国好きです。
まあ、韓国好きだけに限った話ではないんですけどね。
東南アジアに詳しかったり、パンそのものに詳しかったり、
いろいろな分野の方が、「ん!」と感じるビジュアルらしいです。

とりあえず僕は韓国好きの立場から語りますが、
上の写真は、韓国で人気が高まっている種類のパンです。
外側はコーヒークリームでコーティングされておりサクサク。
中には塩気の強いバターが練り込まれているのが特徴です。

韓国ではこのパンを提供する店が急速に増えており、
日本からの観光客にも、だいぶ知名度が行き渡ってきました。

09101202.jpg

お店の看板には日本初上陸の文字とともに、

「韓国で美味しいと評判のパン」

とのキャッチコピーも書かれておりました。

もともと韓国発祥のパンではないんですけどね。
韓国で流行って、日本に持ち込まれるというパターンを見ると、
どことなく「クリスピークリーム」の再来、という予感もしてきます。
9月28日に発売が始まったばかりなので、今後に期待ですね。

09101203.jpg

中を割るとこんな感じ。

真ん中に入っているバターを全体に行き渡らせるイメージで、
全体を押しつぶして食べると美味しい、とソウルで学びました。

ソウルで食べたものよりも、いくらか塩気が弱めな感じですかね。
コーヒークリームの甘さとバターの塩気という対照的な味わいが、
口の中で不思議と調和する。そんなあたりが魅力のパンです。

ちなみにこのパン、購入できるのは「サンピエロ」各店のほか、
同系列の「サンディーヌEXPRESS」でも扱っているそうです。
詳しくは下記ページをご参照ください。

日本レストランエンタプライズ
http://www.nre.co.jp/news/2009/090916deliroti.htm

……といった感じで、まず普通に記事を書いてみたのですが、
いくつか疑問を感じたまま、迷宮にさまよい込んでしまいました。

そもそもこのパン、総称ではなんていえばいいんですかね。

店名は「サンピエロ」なので、「デリロティ」がパンの名称かと思いきや、
韓国で「デリロティ」というチェーンが展開しているんですね。
その日本進出店が、「サンピエロ」の中に入っているのか、
あるいは業務提携などを行った、というような経緯でしょうか。

デリロティ
http://www.deliroti.com/

公式ホームページを見ると、食材を輸入で使っている他店に対し、
国内産(韓国産)の食材にこだわって作っているのが特徴とか。
となると、日本でもどんな食材を使っているのか気になりますね。
日本の国内産にこだわるのか、あるいは韓国産を持ち込んでいるのか。

ちなみに韓国でこのスタイルのパンを扱っている店といえば……。

09101204.jpg

2007年3月に梨大直営店がオープンした「ロティボーイ」が有名。
僕が夏に取材した時点では、160店舗以上とのことでしたが、
その後、175店舗(2009年9月)まで増えたみたいですね。
たぶんリアルタイムで、どんどん増えていることでしょう。

シンガポールに本社があるほか、東南アジア諸国にも多く出店。
まだ日本には来ていませんが、いずれは進出もありそうですね。

ちなみにこの店では、メインのパンを「ロティボーイ」と呼称。
ほかにも、

・カヤボーイ(ココナッツジャム入り)
・バターミルクボーイ(バター、練乳入り)
・チョコボーイ(チョコクリーム使用)

などがメニューに並んでいます。

09101205.jpg

または2007年6月に1号店がオープンした「パパロッティ」。
最初、見たときは「ロティボーイ」の類似ブランドかと思いましたが、
調べてみたところ、こちらもマレーシアを発祥とするメジャーチェーン。
昨年12月には大阪の心斎橋にも店が出来ているようですね。
マレーシア、タイ、シンガポール、韓国などで120店舗以上を展開中とか。

なんば経済新聞
http://namba.keizai.biz/headline/631/

記事を見る限り、メインは「クリスピーロッティ」と呼ぶ様子。
「デリロティ」の例も含めて考えると、ロティ、またはロッティでいいのかな。

ただ、韓国ではほかにも「ロティボン」というチェーンもあり、
総称としては「ボン(BON)」が多く使われていたように思います。
まあ、「BON」は英語でパンなんですけどね。
ハンバーガーのバンズなどというときの「BON」。

バンズ(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%BA

と、ここでふと「ロティ」の語源を調べたら……。

ロティもヒンズー語やマレー語などでパンの意なのだとか。
クレープ状のパンを指すことも多いようですが、
総称としてのパンとしても使われている模様です。

んじゃ、どれも結局パンじゃん。
むしろ「ロティボン」なんて「パンパン」ですか?

ロティ(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%86%E3%82%A3

元祖の店が「ロティボーイ」と聞いていたのでなんとなく、
僕も総称として「ロティボーイ」と呼んでいたんですけどね。
日本に違うチェーンが入ってくるなら「ロティボーイ」ではまずいはず。
でも、それぞれに名前が違っても、ややこしい限りです。

発祥の由来などを調べれば、わかるかとも思いましたが、
これがまた、名称に負けず劣らずややこしい迷宮。

以下、調べてなんとなくわかったことですが、
ネットの検索だけが頼りなので、間違いもあるかもしれません。

・「ロティボーイ」の本社はシンガポールにある
・ただし「ロティボーイ」が誕生したのはマレーシア
・「パパロッティ」もマレーシアが発祥
・「デリロティ」は韓国企業でマレーシアからレシピを輸入
・マレーシアでは「メキシコ風のパン」とも呼ばれている
・パンの製法としてはイギリス風

もう、何がなんだか。

イギリス風のメキシカンパンというのがマレーシアにあり、
それで人気を得た会社がシンガポールに本社を移転。
アジアを中心に広まって、韓国でできた企業が日本進出。

そんな感じの理解でいいのでしょうか。
韓国から来たパンとして流行る前に、下調べをしておくつもりが、
なんだか泥沼にハマってしまった気がします。
誰か詳しい方いらしたら、ぜひ教えてください。



25 Responses to 新宿「サンピエロ新宿店」でデリロティ購入。

  1. ホドガジャ

    ロティって、色々な意味があるんですねぇ。
    自分もゼンゼン詳しくありませんけど、インド料理のロティが好きで良く頼むのですが、インド料理屋では、大抵ナンよりも平べったく円形のパン状のものが出てきます。
    (但し、クレープほど薄くはありません)
    自分は比較的お腹がすいているとき、ナンに加えて食べています^^
    (ナン同様、カレーを付けて食べるのが一般的です)

  2. mincheon

    韓国で評判のパンの文字につられ
    地元駅のサンピエロに入ってみたら、
    ロティボーイがある!って即購入しました(^_^;)
    一個づつ紙の袋に入れてくれて、
    ちゃんとDELIROTIって書いてあったけど、
    そんなお店があったんですね。
    普通のパン屋さんに置いてみて売れるようだったら、
    お店ごと進出してくるのでしょうかね?
    焼きたての試食とかすれば売れるかもしれないけど、
    ロティボーイとか知らない人が見たら、
    コーヒーメロンパン?って感じで、
    そんなに売れないかな…
    値段も今は発売記念価格180円みたいに書いてあったから、
    今後もう少し上がるかもしれないです。

  3. >ホドガジャさん
    ロティは東南アジアで幅広く使われているようですね。
    語源を調べだすと、途端に泥沼化するケースは多々あります。
    食べ物って、みんな基本的になんとなくで呼びますからね。
    カレーをつけて食べるロティも美味しそうですね。
    情報ありがとうございました。

    >mincheonさん
    すでにご購入済とはさすがです。
    人気を集めて、専門店が展開していくか、
    あるいはただのコーヒーメロンパンで終わるか。
    たぶん、この数ヶ月ぐらいが勝負でしょうね。
    値段も180円以上になると、ちょっと微妙かも。
    いかに貴重さをアピールできるかがカギになる気がします。

  4. ハイリホー

    こいうのが好きそうな高槻のS山氏に聞いておきますね。

  5. >ハイリホーさん
    詳しい方がいらっしゃるならぜひ!
    韓国だけならまだしも、いろいろな国が絡んでおり、
    調べていくうちに混乱してしまいました。
    宜しくお願いします。

  6. 睡蓮

    ぱっと見はソボロパンに似てるような。
    その外観からも韓国で受け入れやすかったのかも。

    私もロティって言うとカレーと一緒に食べるパンが浮かびます。甘いロティって聞くと頭の中に?が舞い飛んでしまいそう。でもウィキを見ると甘くして食べることもあるようで、「パン」の総称なのでしょうね。

    元々甘党ではないので大阪に住みながら「PappaRoty」というお店は知りませんでした。しかし「pappa」ってイタリアの幼児語で「おまんま」という意味らしく(大阪でpappaという超有名イタリアンもあります)そうなるとPappaRotyは「おまんまパン」という更にわけのわからないものになりそうな…。

  7. mean

    デリロティの意味は、デリシャスという美味しいの意味とロティ西洋のパンの意味だそうです。

  8. >睡蓮さん
    あー、確かにソボロパンに似ていますね。
    韓国の人たちも確かに新しいもの好きですが、
    ここまで流行るとは思いませんでした。
    そういえば「パパ」は「papa」でなく「pappa」なんですね。
    本当に「おまんまパン」だったらびっくりですが、
    キャラクターのイラストからも、たぶん「父ちゃん」でしょうね。

    >meanさん
    なるほど、美味しいの「デリ」ですか。
    一瞬、「デリカテッセン」もありうるかと思いましたが、
    さすがにそんなことはないですよね。
    情報ありがとうございました。

  9. まうん

    初めて書き込みます。デリロティ情報です。

    デリロティは焼きたてに限る、と聞き、駅隣接のサンピエロで購入しそのまま電車の中でボロボロ食べました。その袋にサイドに書いてあった一文。

    >ハンドメードバターフィリング技法で作ったドゥ(Dough)を発酵させてコーヒー香りのクリームをトッピングした後でオーブンで焼き出したままのメキシカン’BUN’の一種で、モカトッピングとバター味が調和して誰もが楽しめる最高の’BUN’だ

    a small sweetened bread roll,often containing currants or spices

    メキシカンBUNって何物?と調べたら『コンチャ(CONCHAS)』(貝殻という意味らしい)というまさにメロンパンそっくりなパンがありました。日本のメロンパンのルーツの1つになっているようです。しかしデリロティは上のトッピングクリームを渦巻き状にかけて切れ目を入れずに焼くので、貝殻模様にはなっていません。

    さらにこのコンチャもスペインから南米に伝わったパンデ・ウェボス(卵パン)が原型らしい。さらにさらにヨーロッパにはふわふわパンに上にカリカリ生地が乗っている同様の卵パンがあるようです。

    デリロティをその見た目からメロンパンの亜流?とくくられるのはかわいそうですね。バターフィリング技法?のおかげで中からジュワっとでてくるバター(すでに底から漏れ気味ですが)をこぼさずにふわふわパンにしみこませつつ、パターの塩味とコーヒー味のカリカリをミックスさせながらいただくのが、このパンの醍醐味だと思いました。

    デリロティのサイトでは『成功的な日本市場進出』とポップアップが出てきました。袋にもデリロティサイトがちゃんと書いてありますね。

    お値段の180円ですが、サンピエロのパンは総じてお高めなのでやむをえないと思います。

  10. >まうんさん
    はじめまして。八田です。
    詳細な情報をありがとうございました!
    調べてみると、ずいぶん壮大な歴史がありそうですね。
    いっそう興味がわいてきました。

    メロンパンの亜流で終わらせないためにも、
    ぜひ頑張って宣伝、販売をして欲しいですね。
    機会があれば、お店の人にも話を聞いてみたいところです。

    今後は『成功的な日本市場進出』を、
    ぜひ『成功的な日本市場「定着」』にして欲しいです。

  11. パン

     日本でこのパン食べました  (このポスターのセンスは・・・) 拝読している八田靖史さんの『韓食日記』で紹介されておりまして、…

  12. ヨナ

    高カロリーとは思いつつ・・・、ソウルで魅了されたロティパンを日本で食べられるとは!と連日、サンピエロへ。20秒レンジで温めれば焼き立てと同じ。

    会社にも買っていったところ大好評!!韓国好きな同僚は「早速買いにいかねば!」と叫んでました。

    日本でも広めてほしいのですが、
    かつての「メロンパンブーム」を考えると行けるとおもうのですが。
    なぜに広まらないのだろ。マスコミが取り上げないのも?

    まぁ、もう少し扱い店舗が増えないと、取り上げたとたんに行列になっちゃうし。
    このまま、静かに韓国通の間で広まる程度がよいのかもしれませんね。

  13. >ヨナさん
    日本でも広まって欲しいですよね。
    まだ関東圏の限られた場所での販売のみなので、
    これからの普及が課題なのではと思います。
    いったん期間が切れて、1月からまた始まったようなので、
    初回の反応は好評だったのだろうと思います。
    今後の展開を期待したいですね。

  14. こんにちは!新宿店は残念ながら先月閉店してしまいました…
    韓国に前からあるコーヒーパンに似ていますよね~

  15. >じょんじょんさん
    もともと期間限定だったようですね。
    この店は韓国で展開するロティの専門店。
    似ているというよりも、同じパンの専門店が増え、
    その中のひとつが日本に進出してきたイメージです。

  16. いえいえ、韓国にもともとあるコーヒーパンはすごく巨大なんですよ。みんなでちぎって食べる感じです。
    まったく別物ですよ~。

  17. >じょんじょんさん
    ありゃ、ロティの話ではなかったんですね。
    ちぎって食べるコーヒーパンは初耳です。
    コーヒーパンがあってのロティ人気でしょうか。
    機会があったら、調べてみたいと思います。

  18. 少し知ってる人

    はじめまして
    まずロティボーイは元祖でも本家でもないようです。
    単に店舗数が多くて目立っているだけです。
    本社はシンガポールですが、これは登記上の本社ですべての活動はマレーシアで行っています。
    他の国にはマレーシアより輸出していて韓国にもそうです。
    中身はバターではなくマーガリンです。
    元祖はメキシコでマレーシアで発展、その後イギリスで製法などが確立する。
    BUNの名称を使っているのはその影響と思われます。
    日本には内容成分が検閲で認可されないので入ってきません。
    日本はアメリカ方面からの輸入には寛容ですが、アジアからは厳しいようです。
    ロティボーイ・パパロティ・デリロティ・ロティブンなどはすべて韓国で成功した会社です。

  19. >少し知ってる人さん
    詳しい情報をありがとうございます。
    日本でも少しずつ知名度が上がっており、
    そのうち専門店も増えるのではと期待しています。
    韓国での成功も転換点になりそうですね。

  20. はじめまして!

    つい最近(2011/10/4現在)山梨に初登場したばかりで、どんな食べ物か調べていたらこちらを見つけました。

    このデリロティ、変わった味と食感でおいしかったです。
    お店によって微妙に姿かたち、名前までもが違うみたいですね。流行らせたくても統一したものがないと(せめて名前だけでも)認知されにくいですよね。

    ワタクシのブログにこちらの記事のリンクを張らせていただきました。

  21. >たかぽんの旅さん
    一時期、見なくなっていたデリロティ。
    その後を気にしていたのですが山梨に初登場ですか。
    韓国ファンには有名なパンなのでぜひ頑張ってほしいですね。
    東京でも売っているところをまた探してみます。

  22. まる

    はじめまして!

    デリロティですが、西日暮里に韓国デリロティカフェの日本直営店ができました。
    期間限定等ではなく、デリロティの専門店です。

    もちろん店内で焼き上げて売ってます。
    イートインもできますよ~
    道灌山下の交差点の所です。

  23. >まるさん
    なんと、日本直営店ですか!
    一時期探していただけに、これは朗報です。
    ぜひとも近いうちに行かねばですね。
    貴重な情報をありがとうございました。

  24. あずき

    まずそう…食べる気しない

  25. >あずきさん
    あれ、そうですか?
    美味しかったですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next