全羅北道で買った味噌と塩辛で夕食作り。

09052001.jpg

全羅北道で購入してきた食材が我が家で活躍中。
淳昌産のテンジャン(味噌)と扶安産の塩辛を使って、
夕食を韓国風に仕立ててみました。

といってもメニューはシンプルですけどね。

09052002.jpg

煮干でとったダシ汁に豆腐、大根、キノコを入れ、
淳昌産の2年熟成テンジャンを加えてテンジャンチゲ。
普通のテンジャンよりも若干塩気が濃いですが、
そのぶん深いコクのある味に仕上がります。

「汁うまっ!」

と思わず声をあげてしまったり。
ちなみに使っている煮干は買い置きの統営産。
冷凍して少しずつ使用しておりましたが、
そろそろなくなるので、また買いに出ねばですね。

09052003.jpg

ごはんは昨年10月に全州で購入した9穀米。
そこにジャガイモを加えてカムジャバプにしました。
ゴマ油をたらして香ばしい風味を加えます。

09052004.jpg

あとは扶安郡の塩辛2種(チャンジャとベイカの塩辛)。
ベイカというのはホタルイカ風の小さなイカのことです。
チャンジャはスケトウダラの内臓を漬け込んだもの。

画面左がベイカで、右がチャンジャ。
間に挟まれているのは三河島で購入したチャンジャですが、
この日ばかりは活躍する場がありませんでした。
しばらく前まではお気に入りで使っていたんですけどね。
残りの2種がうますぎて、皿に盛っても箸が伸びません。

冒頭の写真にあるように、サンチュ、レタス、茹でキャベツを用意し、
ごはんと塩辛を包んで、ガブリといったらもう最高。
ごはんにテンジャンチゲをぶっかけて食べても美味でした。

出張に出ると食生活が豊かになりますね。

ベイカの塩辛は薄切りの大根とともに熱湯へ投入し、
テンジャンを少し溶かすだけでも絶妙の汁物になります。
まさに旨味の宝庫、といった感じで重宝しきり。
自宅での夕食作りがまた楽しくなりました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next