東新宿「南陽屋」で花見から続く3次会。

09050901.jpg

ツツジの花見を予定していた1次会。
雨天のために場所を「南陽屋」に移動しました。
昼から夕方まで飲んで、営業が始まる頃、いったん撤収。
師匠宅にお邪魔し、スリランカ菓子とカレーを味わう、
というのが前回の記事までのあらすじです。

頃合に日が暮れて、白ワインも3本が空に。
昼から食べ続け、飲み続けという状態で、
そこからさらに3次会へと繰り出します。

会場となったのは、1次会で使った「南陽屋」。

1次会では料理やお酒を持参していたため、
場所だけ借りておいて、売り上げには貢献していませんでした。
3次会できちんと店の料理を食べよう、というのが趣旨です。

そしてまた暑い季節が近づいてきましたね。

冒頭の写真、「南陽屋」が夏限定で作るコングクス(豆乳麺)。
通常はふやかした大豆をミキサーにかけてスープを作りますが、
ここでは枝豆を使って緑色のコングクスを出しています。

翡翠色をしたスープの中には固めに茹でた素麺。
ずずっとすすると、爽快感あふれる味わいに包まれます。
雨模様の1日だっただけに、暑い太陽がより恋しくなりましたね。

09050902.jpg

店のママさんは江原道の出身。
カムジャジョン(ジャガイモのチヂミ)や……。

09050903.jpg

トンテチゲ(スケトウダラ鍋)は代表的な江原道料理です。

ここのトンテチゲはハマる人が多いんですよね。
家庭的な味付けで、ごはんともお酒ともよく合います。
スープを少し残して、ごはんを炒めて食べても美味。
「南陽屋」が誇る看板料理です。

といった感じに3次会は無事終了。

有志の方で4次会にまで行ったそうですが、
奥さんと一緒に参加の僕は、ここでしっかりおいとましました。
以前だったら、間違いなく4次会に参加していましたが、
途中で帰るという選択肢が身に付いてきたのはよいこと。
無駄なタクシー帰りは禁物と、さらに強く誓いたいと思います。

なお、24日午後開催のイベントですが、
わずか2日あまりで、ほぼ定員に達してしまいました。
もう少し調整して枠を設けますので、ぜひご相談ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next