三河島「ママチキン」で初三河島宴会。

08082701.jpg

引越しから2ヶ月が過ぎ、ようやく少し落ち着いてきました。
ずいぶんと遅くなってしまった感はありますが、
親しい友人を三河島に招いての初宴会を行いました。

どこの店に行くか、ひとしきり悩んだんですけどね。
我が家からもっとも近い「ママチキン」にしてみました。
先日、テイクアウトで食べたフライドチキンの話を、
ブログに書いたところ、ママさんからコメントを頂いたりも。
そのお礼をいいに行かねば、という理由もありました。

しばらくはなんの話だか、わからなかった模様ですが、
詳しく説明したところ、「あー、あそこの人!」ということに。
どうやらこのブログを見て、足を運んで頂いた方もいるようで。
おかげさまで、えらく喜んでもらえました。

テーブル4つ。15、6人も入ればいっぱいという狭い店で、
お母さんがほぼひとりで調理、接客をこなしております。
我々は8人のメンバーでしたが、店の半分を占拠。
こういう店が近くにある、というのはなんとも嬉しいことです。

早速、注文したのが看板料理のフライドチキン。
1羽のうち半羽だけ甘辛いタレに絡めてヤンニョムチキンにする、
パンバンチキン(半々のチキン)を注文しました。

08082702.jpg

このヤンニョムチキンに併せて2種類のサラダが登場。
あるいはパンチャン(副菜)のひとつだったのかもしれませんが、
こちらのサラダは不思議なことに……。

「え、納豆の味がするよ!」

という個性的な味付け。
思うにチョングッチャン(納豆の香りがする即席味噌)が、
ドレッシングに使われていたのではないかと思います。

香りは独特ですが、甘味、酸味が効いているので意外にマッチ。
これはこれでアリだな、と思う納豆風味のサラダでした。

08082703.jpg

もうひとつ。こちらはチキンの店における定番中の定番。
千切りキャベツにマヨネーズとケチャップをかけただけですが、

「そう、これこれ!」

と叫んでしまうほど、チキン店には必要な一品です。
後ろにさりげなく見えている大根の酢漬けも含めて、
カレーにおける福神漬けのような存在とご理解ください。

08082704.jpg

メニューにはチキン以外にも家庭料理が用意されています。
こちらは2人前を一緒盛りにしたド迫力のオデンタン
さりげなく大根が忍ばせてあるという、屋台使用でした。

韓国ではオデンの種として大根を食べることはありませんが、
スープをさっぱりさせる目的で、大根が沈んでいることはあります。
頼めばそれを食べることもできるのですが、

「は? これを食べるの?」

という扱いをされるので、心の覚悟が必要です。
うまいんですけどね。ダシの染み込んだ大根。

08082705.jpg

お母さんのおすすめだったスンデボックム
春雨の入った腸詰を野菜とともに、辛く炒めてあります。

なお、辛さのほうはなかなかに本格的。
それぞれ韓国慣れしたメンバーばかりですが、
これは辛い! との意見でまとまっておりました。
もちろん食べられないほど、辛い訳ではありませんけどね。

08082706.jpg

宴会中盤における喜び。魅惑の卵ブラザーズ。
ケランマリ(卵焼き)とケランチム(茶碗蒸し)を同時注文という、
酔っ払ったときならではの行動が垣間見えます。

08082707.jpg

サービスでチヂミも1枚頂いてしまいました。

08082708.jpg

こちらのナシもデザートとして出して頂いたはず。
ずいぶん色々サービスして頂き、ありがたい限りです。
家からも近いですし、今後何度となくお世話になるでしょうね。

自宅の冷蔵庫にはさっそく店のマグネットを貼っておきました。
韓国の家庭に行くと、必ず冷蔵庫に貼られているアレ。
いつでも電話で出前ができるように、との販促物です。

この店でも近隣であれば、出前をしているそうですが、
ひとりで切り盛りしているので、こちらから行ったほうがよさそう。
30分後に行きます、というほうがよいかもしれませんね。

なお、2時間前に事前注文をしておけば、
店頭に置いてあるロースターで、鶏やカモを焼いてくれるのだとか。
そのあたりのメニューも、いずれ制覇をせねばですね。
少しずつ三河島の楽しみ方を極めていきたいと思います。

店名:ママチキン
住所:東京都荒川区西日暮里1-7-6
電話:03-3801-4156
営業:調査中
定休:調査中

<過去の関連日記>
(07月11日)三河島「ママチキン」でテイクアウトチキン。

<関連記事>
上野・日暮里・三河島のオススメ韓国料理記事一覧
新大久保のオススメ韓国料理記事一覧



3 Responses to 三河島「ママチキン」で初三河島宴会。

  1. OIRAX

    ママチキン、いつも帰りの電車から眺めています。
    店先にメニューや価格の出ていないお店は
    入るのにとっても勇気が要りますね。
    まだまだ修行が足りないな…
    どれもこれも食べたいのに。

    追伸:お披露目会の件、有難うございました。
        金さんからもお返事頂戴しました。

  2. matsu

    納豆風味のドレッシング! うまそう!

  3. >OIRAXさん
    初めての店は確かにそうですよね。
    ここも中の様子が伺えないので入りにくいですが、
    入ってみると実にアットホームです。
    ぜひ1度チャレンジしてみてください。
    お披露目会の件も無事連絡がいったようで何よりです。
    続報は韓食日記でも伝えるようにします。

    >matsuさん
    味もさることながら、香りが独特でした。
    こういう使い方があるのか、という新鮮な衝撃。
    なんでもやってみるものですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next