グルメツアー「まんぷくツアー特別篇!全羅南道4日間(三進トラベル)」
Close
詳細
次回イベントまで

上野「二東マッコリ」でホンオフェ(サマプ)。

08072301.jpg

上野2丁目から湯島3丁目にかけての一帯は、
新大久保と同じく、韓国料理店が多数集まっています。
まあ、韓国料理店だけでなく、さまざまな飲食店があるので、
いわゆる繁華街であり、歓楽街なんですけどね。

その一角に、ちょっと面白い店がオープンしました。
7月22日にグランドオープンなので、まだ出来たばかりです。

店名からもわかるように「二東マッコリ」の直営店。
これまで酒造メーカーの飲食店というと眞露ジャパンの「眞露ガーデン」や、
韓国内の「百歳酒マウル」、「ペサンミョン酒家酒店」などがありますが、
「二東マッコリ」が進出してくるというのは興味深いですね。

日本ではここ数年、マッコルリの人気が急上昇中。
そのマッコルリの魅力を伝え、かつ自社の宣伝をするには、
こうした専門の飲食店は最高の手段でしょう。

冒頭の写真は、マッコルリを凍らせたシャーベットマッコルリ。

08072302.jpg

専門店だけあって、マッコルリの種類にもこだわっており、
韓国から冷蔵状態で空輸される、生マッコルリもあります。
見た目には同じですが、味わいにはずいぶんな違いが。

08072303.jpg

社長さんのお話を聞くことができたのですが、
マッコルリはもちろんのこと、料理にずいぶん気を使ったのだとか。

「マッコルリに合うものを重点的に揃えました」

との言葉通り、ジョン(衣焼き)の盛り合わせや……。

08072304.jpg

トトリムクムチム(ドングリ粉を固めたムクと野菜の和え物)。

ただ、このあたりまでなら、まだ他店でも食べられます。
ド肝を抜かれたのはコチラ。

08072305.jpg

なんと、韓国からホンオフェ(エイの刺身)を空輸。
韓国料理の中でも特に強烈なインパクトの料理として有名です。
悪名高い、というか悪臭高い、というか……。

韓国の南西部、全羅道ではたいへんなご馳走なのですが、
わざと発酵させた刺身なので、臭いがとにかく強烈なんです。
食べると鼻から脳天まで、刺激が突き抜けるような臭気。
好きな人にとっては、それがたまらん! ということなのですが、
嫌いな人にとっても、それがたまらん! という料理です。

あまりに香りが強いため、茹で豚とキムチを合わせるのが常道。
香りをいい感じに和らげ、コクのある味わいに変えてくれます。
また、口に運んで適度に香りが鼻へまわったら、マッコルリをグビー。
香りをきれいに洗い流し、美味しく味わえるという趣向です。

韓国で食べたときは、何度となく撃沈した料理でしたが、
ここのはほどよい香り(といってもずいぶん強烈ですが)で食べられます。
韓定食店などで出される上品なイメージのホンオフェに近いかも。
本場に行く前に、ちょっと試してみたいという方にはオススメです。

ともかくも上野に個性的な韓国料理店がオープンしました。
内装もきれいですし、座席数80席ほどと広いのも魅力。
マッコルリ方面に興味のある方は、ぜひ足を運んでみてください。

店名:二東マッコリ
住所:東京都台東区上野2-12-11宝丹ビル4階
電話:03-5816-4979
営業:17:00~翌4:00
定休:なし
http://www.e-dongmaccori.jp/



6 Responses to 上野「二東マッコリ」でホンオフェ(サマプ)。

  1. ヨーコ(*^^)v

    テレビ東京昼間の韓流ドラマのCMで
    二東マッコリめちゃめちゃやってます。
    確かに飲んでみたくなります。
    カシスマッコリやレモンマッコリなど
    日本と同じような感じで出してくれるのも
    嬉しいです。実際韓国でもカシスマッコリ的な
    ものは存在しますか?

  2. >ヨーコさん
    地上波でのCMはすごいですよね。
    マッコルリの需要はぐんぐん伸びているようです。
    マッコルリベースのカクテルもたくさんありました。
    韓国でも少しずつ工夫されているようですが、
    日本ほど活発ではない気がします。
    この手のアレンジは日本人の得意分野ですもんね。
    韓国人であれば、むしろストレートに飲むほうが好みだと思います。

  3. nuna

    八田さん、アニョハセヨ~
    チンチャトークに参加させて戴いてるnuna(ホントはアジュモニ?)です
    握手会も楽しかったです。
    帰りがけには奥様も拝見、ご挨拶しましたvv
    カムサハムニダ~

    読ませていただきました。
    ところで『二東マッコリ』にはランチはありませんか??
    後でHPでも探してみてみようと思いますが~

  4. パンドミー

    トトリムクムチム、このドングリ粉で作られているので、以前新大久保のオザッキョで似た料理を食べました。酢が使われてました。同じかな?

  5. ホドガジャ

    いつだか木浦で一緒に食べました強烈なホンオフェの味(←というか臭い)を思い出しましたが(笑)、日本でもこうやって食べれるようになるのは、好きな方にはいいですよね。
    (私は未だに「好き」なレベルまでは行きませんが^^;)
    マッコルリも味わってみたいので、一度行ってみたいと思います。

  6. >nunaさん
    ご来場ありがとうございました。
    「二東マッコリ」ですが、
    HPを見る限り、夜だけのようですね。
    そのうち軌道に乗ったら始めるのかもしれませんが、
    今のところ夜だけの模様です。

    >パンドミーさん
    トトリムクを野菜と和えるときに使う薬味ダレに、
    醤油、ゴマ油などとともに酢が入ることが多いです。
    さっぱりとしたサラダ風の味わいですかね。
    箸休めにはちょうどよい一品です。

    >ホドガジャ
    行きましたねぇ。強烈な本場物を食べに。
    あのときの記憶からすると、かなり食べやすいですが、
    それでも鼻に抜ける鮮烈な刺激は充分です。
    ぜひ、記憶の味と照らし合わせてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next